南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  プレテストの新たな側面:桃山学院中・初芝立命館中 

これまでも、各中学校で実施される体験学習・プレテストの重要性をお伝えしてきました。
しかし、桃山学院中学と初芝立命館の2校が実施するプレテストの重要性は、また、これまでと違います。

まず、桃山学院ですが、「出題傾向・出題ベルの変更」を予定しているとのこと。
その変更をプレテストに反映するということですから、桃山学院を第1進学希望に考えておられる方は、ぜひ、受験をお勧めします。
ただし、桃山学院では、10/19/日に実施されるプレテストに参加されなかった場合でも、その後に実施される説明会などで問題を配布するそうです。
申し込み締め切りが10/10/金とせまっていますので、まだ申し込んでいない生徒さんは、早めに申し込みましょう。


次に初芝立命館ですが、こちらも、テストの内容の変更を予定しています。
ご承知のように、立命館と提携を結び、入試パターンも変更になっています。
来春の1/17/土に実施される前期日程テストでは、専願のみの募集という点も大きな変化ですが、その内容についても、これまでの出題傾向を踏襲した問題 に加え、思考力をはかる問題を出題するということです。

「思考力をはかる」といっても、レベルが上がるのか、ユニークな問題が出題されるのか、様々な解釈が可能です。
やはり、実際に学校作成のテストを受験するのが有効でしょう。


この2校はもちろん、他の学校でも、来春の入試レベルを読むということで、有効な場合がほとんどです。
一部の学校では、実際の入試問題を作成している先生がプレテストも担当されるということもあるようです。
ただ、その一方で、プレテストの結果を過度に入試結果の予測に結びつけるのも危険です。
むしろ、プレテストの結果を有効に活用して、来春の入試に結びつけることが必要でしょう。


   》》》桃山学院中学校

   》》》初芝堺中学校(初芝立命館)



※余談ですが…
   先日、当塾の生徒がそぼくな疑問を…
        「先生!初芝富田林はハツ・トン、初芝橋本はハツ・ハシやんかぁ。
         やったら、初芝立命館はハツ・リツなん?」
   確かに、難問。
   しかし、立命館を「リッツ」と呼びますよね?
   そこで…
        「ハツ・リッツ!」と答えておきました。




○にほんブログ村のランキングに参加しています。   → にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ   応援よろしくお願いします!

スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/99-431fa296

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。