南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  新!「専願のみ」入試が登場しています 

10月に入り、当塾もいろいろと模様替えをしました。
小さな変化でも、新鮮に感じるのでしょう、生徒の皆さんも少しウキウキしてくれているように感じます。
事務室(私達のいる部屋)と教室の距離が近くなったので、普段はのぞかない生徒さんが顔を出したり、全教室に同じ時計を新調したので、その確認をしたり…。

また、新しい試みとして、月曜日を週間面談の日にして、勉強の計画を一緒にたてようと考えています。
当塾で使用している四谷大塚の教材は、綿密に組み立てられていますが、塾にはいって間もない生徒さんや、自己管理が苦手な生徒さんにとっては、なかなか全部をこなしきれません。
もちろん、個々人に必要な量があるので、それを目指して、少しずつ学習習慣をつくっていけたらと思っています。


さて、来春の入試の中にも「新しい」システムが登場しています。
それは、「専願」を考えた入試。
はっきりと「専願」「併願」の別を掲げる入試もありますが、「事実上の専願のみ」となるようなシステムを取り入れた入試もあります。
具体的には、以下のような学校です。

--------------------------------------------------------------------------------
 ■賢明学院
--------------------------------------------------------------------------------
    A日程
         入学試験   1/17/土
         合格発表   1/17/土
         入学手続   1/17/土
    B日程
         入学試験   1/18/日
         合格発表   1/18/日
         入学手続   1/18/日
    C日程
         入学試験   1/22/木
         合格発表   1/22/木
         入学手続   1/22/木
--------------------------------------------------------------------------------

募集要項には、専願・併願の別はありませんが、上記の日程から考えると、併願は難しい。
入学手続は、「入学金納入を完了すること」とあり、その額は20万円。
また、入学手続後の入学金は理由を問わず返却しないとありますから、併願をして他校を受験した場合は、20万円が無駄になることになります。


次は、初芝立命館です。
--------------------------------------------------------------------------------
 ■初芝立命館
--------------------------------------------------------------------------------
    前期入試  … 専願のみ (立命館コース50名+グローバルコース20名)
         入学試験   1/17/土
         合格発表   1/18/日 10:00 校内掲示
         入学手続   1/20/火 15:00まで
    中期入試  … 専願・併願 (立命館コース30名+グローバルコース20名)
         入学試験   1/19/月
         合格発表   1/20/火 速達郵便発送 同日18:00~web発表
         入学手続   1/22/木 15:00まで
    後期入試  … 専願のみ (立命館コース・グローバルコースとも若干名)
         入学試験   1/21/水
         合格発表   1/22/木 16:00 校内掲示
         入学手続   1/23/金 15:00まで
--------------------------------------------------------------------------------

こちらは、賢明学院に比べると専願としての制約、いわゆる「シバリ」が少ないようです。
近畿圏の解禁日である1/17に受験する学校は、ほとんどの場合、第1進学希望校でしょう。
したがって、初芝立命館のように、あえて「専願のみ」と掲げても、あまり大きな影響はないと思います。
中期入試では併願もありますし、後期入試になると、確実に合格したいという受験生が増えてくるわけで、入試の流れの中では自然だと思います。


しかし、賢明学院の場合は、3回の入試機会すべてで同じシステムを取り入れています。
受験生の皆さんが、これをどう評価するのか、大変興味があります。
もちろん、近大との連携によって、様々な改革を行なった結果だと思います。
ただし、受験生を集めるという面から考えると、「誰でも」ではなく「入学の意志がある人」のみにしぼっての入試になるわけです。
つまり、量ではなく受験生の「質」=「入学意志」を試すシステムのようです。

【注目情報】オンライン英会話の「e英会話」1レッスン271円から!
○にほんブログ村のランキングに参加しています。   → にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ   励みになります!クリックお願いします!○

スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/94-b8acc58c

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。