南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  第4回 五ッ木・駸々堂 結果分析:女子校 

遅くなりましたが、女子校の分析結果です。
これまでのエントリーもご覧になって、このデータの活用方法などもご確認ください。

以下のデータは五ッ木・駸々堂の分類にしたがって、コース別に分けてい る場合は、 コースごとに分析をしています。


--------------------
表の見方
--------------------
対象としたのは、各学校の1次入試(前期、A日程などの呼び方もありますが、1番早い時期の入試だと考えてください)の志望者の動向です。
これは、志望者の数が一番多くなっているということと、他校との掛け持ちがしにくく、希望が比較的ストレートに出ているデータだと考えられるからです。

   ◎志望者数推移
      その学校を志望校とした生徒さんの人数の推移です。
   ◎平均偏差値
      志望者の偏差値を平均したものです。
      五ッ木・駸々堂やその他のテスト会が設定する
      合格基準偏差値とは違います。
      志望者全体のレベルの変化を比較するための数値としてあげました。
      ただし、志望者の人数が少ないと、誤差も大きくなります。
   ◎1000人あたり人数
      全受験生に対する志望者の人数を
      1000人中何人かという形で表現しました。
      百分率(パーセント)の10倍ということが出来ます。
      五ッ木・駸々堂の受験生の人数は、毎回、変化しています。
      そのため、志望校の希望者人数が増えているように見えても、
      全体と比較すると一概に増加したと言えない場合もありますので、
      こういった比較をしています。



四 天王寺志望者数推移 平均偏差値  1000人当たり人数
コー ス 2006 年 2007 年 2008 年 2006 年 2007 年 2008 年 2006 年 2007 年 2008 年
英 数2 173 人 143 人 168 人 63 62 63 21.0人 17.5人 19.9人
英 数1 190 人 157 人 169 人 57 56 58 23.1人 19.2人 20.0人
 男子の上位で人数減が見られたのとは対照的に、人数・偏差値ともに伸びている。英数+標準の2コース編 成と2日間入試から大きく舵を切りなおして、英数2+1と単日入試としたわけだが、その新入試方式も定着したということか。
大 谷志望者数推移 平均偏差値  1000人当たり人数
コー ス 2006 年 2007 年 2008 年 2006 年 2007 年 2008 年 2006 年 2007 年 2008 年
1 次医進 83人 73人 57人 56 54 57 10.1人 8.9人 6.8人
1 次特進 158 人 149 人 125 人 49 48 49 19.2人 18.2人 14.8人
1 次英語 163 人 146 人 114 人 44 44 44 19.8人 17.8人 13.5人
 まず、志望者が減少している点に注意。今年は、昨年よりも受験者が増えているため、1000人あたり人 数で見ると、大幅な減となる。しかし、一方で平均偏差値は、医進で3ポイント、特進でも1ポイント伸びている。上位男子校と同様に、人数は減っているが、 一方でレベルは確保したということ。入試難易度は、多少、上がる可能性もある。
大 阪女学院志望者数推移 平均偏差値  1000人当たり人数
コー ス 2006 年 2007 年 2008 年 2006 年 2007 年 2008 年 2006 年 2007 年 2008 年
前 期B方式 99人 88人 88人 52 52 52 12.0人 10.7人 10.4人
前 期A方式 237 人 223 人 186 人 47 48 49 28.8人 27.2人 22.1人
 実質専願扱いのA方式の人数が減少した。しかし、大谷同様、平均偏差値は若干上昇。昨年までよりも、 しっかりと志望校を絞り込む受験生の姿が想像される。倍率は減っても、受験生のレベルは維持されるため、入試難易度に変化はないのではないか。
プー ル学院志望者数推移 平均偏差値  1000人当たり人数
コー ス 2006 年 2007 年 2008 年 2006 年 2007 年 2008 年 2006 年 2007 年 2008 年
1 次併願アド 37人 42人 30人 47 48 47 4.5人 5.1人 3.6人
1 次併願スタン 50人 69人 37人 42 42 43 6.1人 8.4人 4.4人
1 次専願アド 64人 60人 64人 44 45 45 7.8人 7.3人 7.6人
1 次専願スタン 90人 107 人 102 人 40 41 41 10.9人 13.1人 12.1人
 昨年までとは違い、併願で大きく減少。専願は微減といったところ。ただし、併願アドバンスという一 番難しい受験型の志望者が減っていることから、全体としてレベルが下がる可能性がある。今後、他校から乗り換えてくる受験生もあるため、油断はできない。


比較的、慎重に見えた男子校の動向から比較すると、行きたい学校にしっかり的をしぼっているかのような女子校志望者の動きが見えてきます。
今後、体験学習会や各種実力テストの結果などで、受験生は動いてきますので、今回の結果がすべてではありません。

入試終了までに、大きな判断は何度もしなければならないわけですが、「志望校を受験校に変える」瞬間がそのひとつです。
実際に受験を決めるまでには、こういったテスト結果・受験生の動向だけではなく、さまざまな要素もあることを忘れないでください。
また、実力を伸ばすためには、ひとつの学校への思いをきちんと持つことも大切です。
難しいのは、場合によっては撤退することも大切。

「ようやく10月」ですか?「もう10月」ですか?
いずれにしても、これから大きな判断がたくさん待っています。
入試終了まで、加速度的に毎日のすぎるのが早くなってきます。

心身ともに健康に、実力をしっかり発揮する準備を行なってください。



○にほんブログ村のランキングに参加しています。   → にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ   励みになります!クリックお願いします!○

スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

駸々堂の女子校分析

いつもするどい切り口の情報楽しみに読ませていただいております。駸々堂の女子校分析ですが、帝塚山学院の関学コースも是非お願いできませんでしょうか?
年々人気が上がっているようで、今年の動向を知りたく思います。娘が来年受験予定です。

2008/10/02(木) |URL|るる [edit]

先ほどエントリーしました!

ご指摘、ありがとうございます。
こちらの編集ミスだと思いますが、抜け落ちていました。
申し訳ありません。
なお、このエントリーは、五ッ木・駸々堂の受験者を対象にしたアンケート結果の集計のようなもの。
五ッ木・駸々堂受験者の動向はわかりますが、中学受験生全体の動向が把握できるわけではありません。
参考程度にご覧ください。
ただ、様々な情報を見ても、帝塚山学院関学コースのレベルは上がりそうです。
お嬢さんが来春受験とのこと。
ぜひ、帝塚山学院の過去問を研究され、傾向にあわせた勉強で、合格を引き寄せてください。
今後も、ご質問はもちろん、当Blogに関するご指摘などもコメントいただけたらありがたいです。
ありがとうございました。

2008/10/03(金) |URL|南十字☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/92-c1b5bb7a

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。