南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  第4回 五ッ木・駸々堂 結果分析:男子校 

前回に引き続き、男子校の分析結果をお届けします。

以下の結果について、ご自身の勉強にどのように反映するかということについては、お通いの塾の先生としっかり相談してください。
また、南十字☆がある程度、状況を理解している学校についてのみ作成しています。
ここにない学校をお考えの場合は、ご容赦ください。


以下のデータは五ッ木・駸々堂の分類にしたがって、コース別に分けてい る場合は、 コースごとに分析をしています。

--------------------
表の見方
--------------------
対象としたのは、各学校の1次入試(前期、A日程などの呼び方もありますが、1番早い時期の入試だと考えてください)の志望者の動向です。
これは、志望者の数が一番多くなっているということと、他校との掛け持ちがしにくく、希望が比較的ストレートに出ているデータだと考えられるからです。

   ◎志望者数推移
      その学校を志望校とした生徒さんの人数の推移です。
   ◎平均偏差値
      志望者の偏差値を平均したものです。
      五ッ木・駸々堂やその他のテスト会が設定する
      合格基準偏差値とは違います。
      志望者全体のレベルの変化を比較するための数値としてあげました。
      ただし、志望者の人数が少ないと、誤差も大きくなります。
   ◎1000人あたり人数
      全受験生に対する志望者の人数を
      1000人中何人かという形で表現しました。
      百分率(パーセント)の10倍ということが出来ます。
      五ッ木・駸々堂の受験生の人数は、毎回、変化しています。
      そのため、志望校の希望者人数が増えているように見えても、
      全体と比較すると一概に増加したと言えない場合もありますので、
      こういった比較をしています。



大 阪星光志望者数推移 平均偏差値  1000人当たり人数
コー ス 2006 年 2007 年 2008 年 2006 年 2007 年 2008 年 2006 年 2007 年 2008 年
  255 人 262 人 242 人 63 63 65 31.0人 32.0人 28.7人
 平均偏差値が上昇しているが、これは今回のテストの得点が全体的に低調であったためだと思われる。実質 的な難化傾向を示すものではないのではないか。人数は、微減である。
上 宮志望者数推移 平均偏差値  1000人当たり人数
コー ス 2006 年 2007 年 2008 年 2006 年 2007 年 2008 年 2006 年 2007 年 2008 年
1 次特進 54人 55人 65人 43 42 43 6.6人 6.7人 7.7人
1 次標準 78人 85人 91人 39 39 39 9.5人 10.4人 10.8人
 平均偏差値については、大きな変化はないものの、志望者数が連続して伸びている。1000人あたり人数 についても、同様に伸びていることから考えて、受験生が増える可能性がある。
清 風前期4C志望者数推移 平均偏差値  1000人当たり人数
コー ス 2006 年 2007 年 2008 年 2006 年 2007 年 2008 年 2006 年 2007 年 2008 年
前 期理Ⅲ 75人 73人 46人 57 58 58 9.1人 8.9人 5.5人
前 期理数 96人 86人 56人 52 53 53 11.7人 10.5人 6.6人
前 期標準 161 人 130 人 117 人 47 47 47 19.6人 15.9人 13.9人
 平均偏差値は変化していないものの、特に上位のコースでの人数の落ち込みが目立つ。また、3年連続して の減少ということにも注意。受験生全体が、安全志向になってきているためか。ただし、平均偏差値には変化がない。
明 星志望者数推移 平均偏差値  1000人当たり人数
コー ス 2006 年 2007 年 2008 年 2006 年 2007 年 2008 年 2006 年 2007 年 2008 年
1 次 282 人 271 人 263 人 51 53 53 34.3人 33.1人 31.2人
 人数が微減といった状態であるが、レベルは昨年と同じ数値を確保。昨年同様のレベルになると予想され る。

男子校の状況を見ると、上位の学校での人数減の傾向が見て取れます。
今春の入試もそうでしたが、より安全志向ということなのでしょうか。

一昨年であれば挑戦していた学校のレベルを、1ランク・2ランク下げて受験するということになれば、当然、そういった中堅ランクの学校のレベルが上がって きます。
場合によっては、そういった受験生の動きは、出願前後まで続きます。
状況をきちんと把握した上での、学校選択が必要でしょう。


しかし、この時期は、まだまだ自分の目標を見つめて努力できる時期です。
併願パターンも、体験学習のテストも、次回の五ッ木・駸々堂のテストも気になるところですが、やはり、志望校をきちんと見つめ、「その学校に合格できる」 実力を付けるための、しぼった学習も必要です。



○にほんブログ村のランキングに参加しています。   → にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ   励みになります!クリックお願いします!○

スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

星光の平均偏差値65ですか。
まさに今回の我子の偏差値がそこでした。
平均偏差値では届かないですよね。
塾からは過去問重視と言われてますが、その過去問も算数は苦戦しているようです。
あと100日でなんとか届いてくれ~というバカ親の願いです。

2008/10/02(木) |URL|よし [edit]

コメントありがとうございます。

よし様、コメントありがとうございます。
星光のレベルになると、五ッ木・駸々堂だけでは判断がつかないというのが正直なところです。
では、合格の可能性が低いのかというと、それも違います。
これからの時期は、お子さんの志望校にあわせた指導を展開していく時期です。
星光学院の場合、学校の出題レベルや出題傾向などが、比較的しっかりしていますので、現状のお子さんの学力傾向から対策を立てることは可能だと思います。
ぜひ、お通いの塾の先生に相談され、がんばられますように。
なお、算数が苦手とのことですが、分野・単元に苦手のものがあるのでしたら、まだまだ集中して対策することで挽回できます。
また、他の科目でカバーするということを考えても良いかもしれません。
確かに、理科・社会でも、一筋縄ではいかないのが星光の問題ですが、理科・社会の(特に知識系)単元に苦手はありませんか。
社会の通史(文化史・経済史など)は、勉強していますか。
あと100日で、的をしぼった勉強を続けていくことで、可能性は広がると思います。
ぜひ、お子様とともにがんばってください。
コメントありがとうございました。
これからも、何かありましたら、コメントください。

2008/10/03(金) |URL|南十字☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/91-f429743d

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。