南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  募集定員の減をどうとらえるか 

昨日のエントリーでお伝えした清教学園の来年度入試での定員の変更ですが、何人の方からいろいろとご相談を受けました。
私のほうも、具体的なデータなど、何も持っておりませんので、その点を念頭に置いていただき、以下のエントリーを参考にしていただけたらと思います。

さて、一般的に私立が募集定員を減らすときには、様々な理由があります。

人気がなく、生徒さんが集まらない状態が何年も続いたときや、高校入試と中学入試の人気がアンバランスとなり、高校の定員を増やした結果、中学の募集定員を減らすようなこともあります。

これらはどれも、ネガティブな理由ですね。


一方、ポジティブな理由で、積極的に募集定員を減らす場合がある。
私立を一つの企業と見た時には、たくさんの生徒さんを入学させるほうがよいでしょう。
しかし、私学は私「学」であって、勉強の効果ということを考えると、やはり、ある程度、人数に隙間があるほうがいいわけです。
生徒の学力や個性を見つめて、しっかりとした教育をしようということでの改革ならば、これはしっかりとした方針に基づいて実施された、積極的な改革ということができます。

ここ数年の清教の動きを見ていますと、大学進学実績を伸ばすというより、どのように創造するかという点に苦労されていたように思います。
そういった変革が、今回の「清教グローバル人材育成プログラム」の創出にも、つながる一つの要素ではないでしょうか。


とはいっても、受験生としては難易度の変化が気になるところ。

一般的に、定員が少なくなった場合に、昨年度と同じぐらいの人数の生徒さんが、受験を希望すると、倍率が上がりますので「難化」することになる。
さあ、どうしましょう?

倍率の変化というのは、今年の入試結果と来年度の入試の比較です。
2年間の比較ということになりますが、これは、受験生にはあまり意味が無い。

「去年と比べて難しくなった」ということはいえますが、自分だけが難しくなったのではありません。
入試は、すべての受験生にとって平等に実施されます。
大切なのは、しっかりと自分の力を磨くこと。
当然、今の時期ですから、目標をしっかりと見据えることも大切です。

「より一層の準備をする」ということを励みにして、他の受験生と切磋琢磨していきましょう。





スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/863-d4a1b659

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。