南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  低学年での読書量が国語力を支える 

今日、国語が専門という塾の関係の方とお話させていただく機会を持ちました。
その中で、一致したのが、「低学年での読書量が国語力を支える」ということ。

一般に、国語の勉強はやりにくいと言われます。
算数のような決まった解法や公式がないとか、記述式の答えに幅があるといったことも、よく言われます。

しかし、入試問題を見てみると、やはり解法やアプローチの仕方、また、公式のようなものも存在しますし、自由作文・自由記述を除くと、かなりの字数の記述問題でも、解答の幅に制約はあります。

入試の直前になればなるほど、そういった点に注意して指導をしますし、そこをおさえているほうが失点も減るわけです。


ところが、もう一つ見逃せない要素があります。

それは、「言葉」の力そのもの。

単に、知識として「単語」を知っているだけでなく、内容やニュアンスといったものをしっかりつかめるかどうかということ。
あるいは、文脈から展開や筆者の考えにそって「推測」する力。
さらには、問題の意図を的確に把握する力ともいえるでしょう。

こういうと難しそうですが、例えば「適当」という言葉にも様々な意味があります。

  その場を適当にごまかした。
  彼にはその役目が一番適当だ。


この二つは、まったく意味が違う。
これを知らないと、「次の中から、適当なものを選びなさい」という設問で、正しいものを選ばず、間違っているものを選ぶ可能性だってあるのです。

こういったことは、辞書を暗記するように身につけていくのでは、能率が悪い。
普段の生活の中で知り、自然に理解できるようになるものだと思います。

そういった環境を、「読書」が与えてくれるのは、皆さんも経験されたところでしょう。

主人公の立場になって、物語の世界で生活するかのような体験を読書はもたらしてくれます。
それこそ、日常では味わえない様々な体験を得ることができるのです。

そんな読書体験が大きな礎になって、単にテクニックでは解消できない大きな土台を作ってくれるようです。


これ以外にも、「読むスピードの速さ」「理解の正確さ」なども身につくはずです。
できれば低学年までに、こういった経験を重ねたい。
まずは、推薦図書でなくても、本人が楽しめる本から手をつけてみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/856-07a0f6f8

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。