南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  3/2(日)は第1回の五ッ木・駸々堂 

いよいよ、今年度の五ッ木・駸々堂が始まります。
今回、はじめての受験になる方もあるでしょう。
しっかりと準備をして臨んで下さい。

入試問題ももちろんですが、実力テストでも、それぞれに個性があります。
はじめての受験になる方の参考にしていただくため、五ッ木・駸々堂テストの「個性」を解説しておきましょう。


まず、国語ですが、一番注意したいのがテスト問題の形式です。

普通の学校のテストですと、一枚の横長の用紙の上段に文章+下段に問題といったものが多いと思いますが、五ッ木・駸々堂では、「文章」と「問題」が別の用紙になっています。
はじめての方は戸惑うかもしれませんが、ふたつを並べて解くことができるため、用紙の裏表を気にせず、能率よく解くことができます。

また、漢字の問題は最終問題にあります。
ここは、先に解いておきたいところですね。
その他の、言葉に関する知識の問題などは、文章題の問題のうち、はじめの方に集めてあります。


次に算数ですが、大問の1番が計算問題、2番が小問集合です。
ここが最大の得点源となりますから丁寧に解いておきましょう。

後半にいくにしたがって、だんだんと問題が難しくなってきます。
ただ、その中でも、意外と解きやすい問題や、「あれ?見たことあるぞ!」というような問題もありますので、丁寧に見てゆきたい。
最終問題は、文章題ですが、ここにも、取り組みやすい問題が含まれていることがあります。
見てすぐに難しいと思うのではなく、しっかり読み取って考えてみてください。



実力テストは、入試のように合否を決するテストではありません。
今の力を試し、今後の勉強の課題をつかむためのテストなのです。
点数が悪くとも、次回にリベンジの機会があるわけですから、「階段の一段」を確実に登るように、実力テストの機会ごとに、きちんと力を出し切ってみましょう。
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/849-8989f4cf

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。