南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  テストの「違い」を上手に活用しよう 

まもなく10月。
様々な学校で「プレテスト」が実施されますし、五ッ木・駸々堂をはじめ、業者テストや塾のテストなど、進路決定の資料となるテストが盛りだくさんのシーズンです。

加えて、お通いの塾などでも、「小テスト」「確認テスト」「週テスト」など、いろんな種類のテストが実施されます。

テストを受けるとどうしても「結果が心配」になります。
例えば、授業中に予告なく「じゃぁ、テストするよ~」と、言おうもんなら「え~~?!」「ほんまぁ??」「うそぉ?」など、ちょっとしたパニック状態を招くことがほとんど。
これは、「テスト」=「点数が良くないとダメ」という前提があるからです。

もちろんそうであるべきです。
特に、前回の授業の確認をしたり、当日の授業内容の理解度を測る「小テスト」「確認テスト」はそうであって欲しいものです。
ましてや、予告されたテストのうち、出題範囲や解答・問題を事前に知らせているような「漢字テスト」などの知識テスト、基礎・基本のちからを見る「計算テスト」などは、満点を狙うべきです。

つまり、「点数が良い」にこしたことはない。


でも、一方で考えていただきたいのは、「点がとれなかった」時にどうするかということ。

「小テスト」「確認テスト」はもちろんですが、各種の業者テストや中学校で実施されるプレテストについても、「ダメだった…」と落ち込んで終わるのが、一番、ダメ。
歯医者さんに行って、「虫歯が見つかった」と言われ、その後、なにもしないのと同じです。

テスト=「良い点を競う」という見方は、否定しません。
でも、ここに上げた各種のテストは、「弱点を発見する」「その後の学習の指針を出す」ためのテストでもあるのです。
テスト終了後の分析と、その後の学習計画の立案は、確実に(もちろん、冷静に)行うべきです。

もちろん、入試は…なんて、蛇足ですね。


スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/836-d93ed42f

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。