南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  進化する清風を実感! 塾対象説明会に参加しました 

「定例」「定形」ということがあります。

今日、参加させていただいた清風中学校の説明会ですが、式次第については、どちらかと言えば例年通り。
理事長先生のご挨拶があり、校長先生が学校の内容を説明し…、といった流れです。

しかし、毎年感じることですが、「指導内容が進化」し続けています。


清風中学校では、様々にオリジナルの指導を行っておられますが、今日の説明会では、「読書・論文指導」について詳しく説明していただきました。
こういった指導が始まった当初は、「こんなにていねいに添削をしていただけるのだ」という驚きだけでしたが、最近は、その出題の方法や、学年や時期に合わせた作問の工夫など、非常に研究されたものになっているように思います。
おそらく、摘み取りがしっかりしており、その反映をきちんとされていること、また、指導の方法・方針が徹底しているということが、こういった「進化」の理由でしょう。

「現在、教育において最も必要とされているのは[根拠のある主張を表現する力]である」

これは、「清風中学 読書・論文指導の紹介」と題されたパンフレットの中の言葉ですが、まさに、その視点は正しく、世の中で活躍する人材を育むために必要なことだと思います。


これ以外にも、今日の説明会ではいろいろと勉強させていただきました。

清風の考える「宗教教育」のあり方などの、指導に関する考え方。
中学校の総授業時間数が、標準的な公立中学の3045時間に対し、3834時間もある(英語=420⇔723!、数学=385⇔651!)などのハード面。

何よりも、校長先生をトップにした、先生方のお力の総和を感じさせる会場運営など、これまでの清風の雰囲気をより深めたかのような、しかし、新しい風が随所に感じられました。


いよいよ校舎の建て替えも始まりますが、「仏(仏像)」より先に、しっかりとした「魂」が生まれているようです。

スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/827-2c9fe024

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。