南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  四天王寺学園:募集概要発表 

今日、四天王寺学園中学校の募集概要が発表されました。
注目されるそのレベルですが、女子校である四天王寺中学校の共学版という位置づけで、それに準じたレベルとして考えておられます。

まず、以下が、発表された募集概要です。

1 四天王寺学園 A日程 1/18(土) 08:30~
全期間で70名(内部進学とは別に募集)
出願期間 発表 手続き最終日
後日/願書参照のこと 1/19(日) 後日
2 四天王寺学園 B日程 1/18(土) 17:40~
全期間で70名(内部進学とは別に募集)
出願期間 発表 手続き最終日
後日/願書参照のこと 1/19(日) 後日
3 四天王寺学園 C日程 1/20(月) 10:00~
全期間で70名(内部進学とは別に募集)
出願期間 発表 手続き最終日
後日/願書参照のこと 1/21(火) 後日
※試験科目を含め詳細は各学校発表の要項・入学願書でご確認下さい
※日程の詳細も一部、発表されていません。



さて、気になるレベルは、「四天王寺の英数Iに準じる」ということでした。
そうなると、学校側がその受け入れ体制ができているのかどうかが心配になります。
その点に関しては、次のような説明がありました。

  ①四天王寺中と同一のカリキュラム+教材
  ②四天王寺英数での指導経験が豊富で実績ある先生の投入
  ③四天王寺学園全体(小学校も含む)の教育力の強化

こういったことを推進し、「新しい学校を創りだす」というよりは、「四天王寺中学校の分校を、共学校として設立する」といったイメージのようです。
「希望する最難関大へ全員合格を目指す」という目標を明確に掲げ、新校の指導に関する決意とされています。

四天王寺羽曳丘での募集を停止し、発展的に四天王寺学園中学校を設立した…、なんていうレベルではないわけです。


こういった状況や意気込みを、受験生たちがどのように判断するか注目されるところです。
仮に、大手の塾さんが、大挙して受験するというような事態になると、レベルが動くかもしれません。


安倍さんのよく言う「適正」を、しっかり見極めていく必要があるでしょう。

スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

本当のレベル(予想)

新設校の難易度(偏差値)ってどうやって決まるの? というのがありますね。

学校が英数I のレベルにしたいというのはわかりますが、本当にそうなるかどうかはふたを開けてみないと分かりません。言葉は悪いですが、学校側の願望が色濃く反映されているように思います。

実際、本日返ってきた駸々堂の結果によれば、四天王寺・英数Iの志望者(59人)の平均偏差値は55(合格可能性70%のラインは66)ですが、四天王寺学園の志望者(9人)の平均偏差値は45(合格可能性70%のラインは不明。)ですから、あくまでも駸々堂のテストの志望者平均ですが偏差値で10も違います。

偏差値がある意味人気投票の結果であることを考えると学校の思惑通りになるのか、それを信じて子供を進学させて良いのか、正直、心配になります。自宅から近いので良いと思ったのですが・・・。

来週土曜日の説明会ではそのあたりを見てこよう(感じてこよう)と思っています。

何か情報をお持ちであれば、四天王寺学園中学について是非ブログでもどんどん取り上げてください。

2013/07/20(土) |URL|sh [edit]

新設校の合格可能性は…

shさん

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

さまざまな合否判定模試がありますが、合格可能性を打ち出すのはまだまだ難しいようです。

そもそも合格可能性は、入試結果を見て基準を作成するものですから、無理がありますよね。


shさんのおっしゃるように、これからの説明会で学校の雰囲気をどう「感じて」、さらにシステムなどの裏付けも頂いて(実際は安心感ということになるのでしょうが…)、受験を決定するというのが、一番の正攻法です。
当然、レベルの問題が出てきますが、今年度の他校の動き(例えば西大和の女子募集)などを見ても、出願間近にならなければ、読めない部分もあると思います。

学校は、入学したすべての生徒さんを京大受験が可能なレベルへ引き上げたいといった目標を持っておられるようですが、それはなかなか難しい。
四天王寺が新たに作った共学校で、どれだけの指導力を発揮できるのかは、本当に未知数です。

ご意見いただきましたように、今後も、情報があれば積極的に取り上げて参ります。
逆に、ご質問などありましたらお寄せ下さい。
わかる範囲で対応させて頂きます。

コメントありがとうございました。

2013/07/21(日) |URL|南十字☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/807-d284a269

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。