南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  「定着学習」という考え方:賢明学院 

今日、賢明学院の説明会に出席してきました。

校長先生が変わられてから、様々な改革に取り組んでおられ、説明会の雰囲気も大きく変わりました。
しかし、「まだまだ、今後の改善を目指す」という、力強さを感じることができた説明会でした。

今日の説明会で印象に残ったのは、「定着学習」というシステム。
これは、定期テスト終了後に、その同じ範囲を学習しなおし、学習の「遅れ」や「漏れ」を出さないようにするシステムとのこと。

まず、授業を大切にしているのは当然ですが、テストの終了後にも、そういった学習の機会を設けておられるわけです。


でも、これって「見直し」「やり直し」ですよね?

一度、学習し、テストで出題された内容を、もう一度学習するのですから、普段、私達が使っている「見直し」や「やり直し」と違いがないように思います。


しかし、ここに大きな違いある。

「見直し」も「やり直し」も、例えていうなら「再放送」で、同じことをくりかえすイメージです。
一度解いた問題を、もう一度、解きなおすという意味の「やり直し」はまだしも、「見直し」には、見るだけで終わらせてしまうようなイメージがあります。

それに対して、「定着学習」には、「教えたことをしっかり身につけよう」という前向きなポリシーを感じませんか?
ある問題ができていなければ、その問題が解けるようになるために必要な、知識や思考力や経験が不足しているわけです。
そこからしっかり指導して、「できるように」しようという意志を感じます。


こういった点は本当に見習いたい。

「やり直しなさい!」と単に声かけするだけではだめですよね。

今日の説明会の大きな収穫でした。


スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/800-e1362cf7

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。