南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  「いつやるか?」「今でしょ!!」とはいかない理由 

「もう時間やで!勉強、はじめなさい!!」
「いつまでだらだらしてんの?さっき、7:00からするって言ったやん!?」

こういった「戦い」を繰り返していませんか?


「いつやるか?」「いまでしょ!!」

「はーい!」


というふうにはなかなかいきません。



ちょっと、話題が変わりますが、イチローの打席を思い出して下さい。
モノマネなどでも必ず登場するのが、バットをグルグル回して、渋い顔をしながらバットを立てるポーズ。
必ず、打席前にはそういった動作をします。

また、ゴルフでは「プリショット・ルーティーン (Pre-shot routine)」というものがあるそうで、例えば、グリーン上でカップを狙うときに、ボールの手前で素振りをし、立ち位置を変えて、もう一度カップを見て、それから打つというような、「ボールを打つ前の一連の動作」のことらしい。

さらに、「入眠儀式」というのもあります。
みなさんは、いかがでしょうか。
寝る前に、きまって何かをしませんか?
「歯を磨く」「パジャマに着替える」「水を飲む」などはもちろん、「日記を書く」「明日の鞄の中身を点検する」などもあるかもしれません。


これらはすべて、「ある行動」をする前に「ある一連の流れで決まった行動」をする例です。

寝る前の行動は、寝るための「きっかけ」となる行動です。
また、イチローの例や、ゴルフの例は、さらに「良い成果を生むために」「集中力を高める」効果もあるでしょう。

「ある成果」を期待するには、それなりの準備が必要なわけです。


これを家庭学習に応用してはいかがでしょうか。

例えば、19:00から勉強を始めるなら、まず「始める前の行動」をいつでも同じにしてみるのです。

  》お子さんと一緒に、温かい飲み物を落ち着いて飲む
  》学習予定のテキストやプリントをまとめて、点検する
  》照明を変える
  》静かな音楽を流すために、CDをセットする

そういったいくつかの行動を組み合わせてこなす間に、勉強への気持ちを少しずつ高めていってはどうかとおもいます。


先のイチローの例ですが、実は、「朝、起きてから打席に立つまで」の行動がすべて準備になっているとのこと。
本当かどうかはわかりませんが、朝食は必ずカレーで…といった話も伝わってきます。
打席に立つ時間は、ほんの数分間。
しかし、そのために1日の大半を準備に使っているのです。

そこまでしなくても、勉強を始める数時間前から、ちょっとずつ、気持ちを作ってあげることが必要かもしれません。


「早く始めなさい!」といった叱責だけが、勉強へのきっかけとなっているとすると、確かにお子さんのやる気に影響するような気がします。




スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/794-135d136b

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。