南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  全国統一小学生テスト:小6生も実施へ 

6月2日日曜日に実施される「全国統一小学生テスト」。
今回で第12回を数えます。

テストの実施方法や対象学年など、毎回、少しずつの進歩を続けてきたこのテストですが、次回のテストでは、小学校6年生も実施。
さらに志望校の合格判定も行うそうです。

主催の四谷大塚には、全国最大規模の受験生を誇る合不合判定テストで培ったノウ・ハウを、ぜひ発揮していただきたいところですが、果たしてどうでしょうか。


普通、合格可能性判定を行うためには、その判定テストを受けた受験生が実際の入試を受け「合格」したのか「不合格」したのかのデータを蓄積する必要があります。
ところが、これまで、そういったデータはありません。

もちろん、これまでに全国統一小学生テストを受験した生徒さんが、中学受験に挑戦したケースがあります。
私どもの塾からもそういった生徒さんがあるわけですが、今まで、統一テストは小学校5年生までの実施。
5年生の6月と11月に実施したテスト結果と実際の入試結果を結びつけるのは、期間の隔たりが大きく、少々、難しい。

こういったことから考えると、今回の6年生の合格可能性の判定は、「結果の読み取り」が難しいと思われます。


さらに注意したいのは11月のテスト。

全国統一小学生テストは11月3日に予定されています。
ところが、例年、11月3日は清教学園・帝塚山学院泉ヶ丘両中学校のプレテストの実施予定日です。
統一テストと重なるわけで、大阪南部の受験生は、統一テストの受験が難しい方も出るかもしれません。

もちろん、受験校の決定は、ひとつのテストだけで決定できるものではありません。
テストの成績は、あくまでもテスト当日の瞬間風速です。
テスト受験後にも成績の変化はあるわけです。

また、実力テストの問題傾向が、第一進学希望校の出題傾向と合致しているということは、まずありません。

そういった意味でも、テスト結果はあくまでも参考資料。
受験校の決定は、総合的な判断で行う必要があります。

ぜひ、普段からの努力を見ておられるお通いの塾の先生に、よいアドバイスを貰って下さい。


スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/790-3263e76b

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。