南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  平成25年:第1回:五ッ木・駸々堂結果から 

先週末から、五ッ木・駸々堂の成績返却が始まっています。

今回の試験は昨年と比べると、少々、難しかったようです。
以下が、過去3年分の比較です。

■第 1 回五ッ木・駸々堂データ比較
データ比較 平均点 標準偏差
2011年 受験者数 国語 算数 理科 社会 4科A 3科A 2科 国語 算数 理科 社会 4科A 3科A 2科
全体 2931 47 30 62 50 189 139 76 16.2 17.3 16.1 16.4 55.2 41.8 29.3
大阪 1649 45 29 61 49 185 *** ***
2012年 受験者数 国語 算数 理科 社会 4科A 3科A 2科 国語 算数 理科 社会 4科A 3科A 2科
全体 2726 47 37 52 43 180 137 84 17.7 20.3 16.4 16.2 58.9 46.0 33.1
大阪 1448 46 36 51 42 176 *** ***
2013年 受験者数 国語 算数 理科 社会 4科A 3科A 2科 国語 算数 理科 社会 4科A 3科A 2科
全体 2543 35 41 45 45 166 120 74 15.4 20.8 14.2 16.7 56.7 43.4 32.2
大阪 1373 33 39 44 44 161 *** ***

このデータから分かることは、国語と理科のテストの難化。
特に国語については、平均点が全体で35点になっています。

ただ、一方で見ておきたいのは、科目間のバランスです。
2011年には理科と算数の平均点の差が30点位上もあったわけですが、今回は教科間のバランスが改善されました。
以前から、算数の平均点の低さを指摘して来ましたが、算数を簡単にして平均点を上げるのではなく、他教科も難度を上げて、そろえてきたということのようです。
(なお、算数についても適度に調整され、得点を取りやすくはなっていたように思います。)

ただし、心配になるのは、平均点が下がったということで、力のある生徒さんが受験生ていないのではないかということ。
そこで、以下のように、上位受験者の動向をさぐってみました。

上位志望者の動向は?
対象とした学校
  • 4科C判定の学校を対象にする
  • 偏差値66以上の生徒がいる
  • 偏差値55以上の生徒が志望者の50%を超えている
  • 志望者数が全体の1%以上いる
上記の条件を過去3年間で1度でも超えた学校です。
(太字は条件を満たした年です。)
志望者数の推移
学校名 2013 2012 2011
大阪星光学院中 62 名 56 名 82 名
洛星中・前期 57 名 60 名 63 名
高槻中・前期 50 名 43 名 49 名
四天王寺中・英数2 43 名 39 名 55 名
四天王寺中・英数1 42 名 47 名 48 名
西大和学園中 38 名 55 名 64 名
清風南海中・男子A日程特進 33 名 35 名 56 名
清風南海中・女子A日程特進 22 名 16 名 36 名
合計人数 347 名 351 名 453 名
受験生全体に占める割合 13.65% 12.88% 15.46%
府下の受験生に対する割合 25.27% 24.24% 27.47%
志望者全員の偏差値の平均
学校名 2013 2012 2011
大阪星光学院中 62 64 62
洛星中・前期 60 60 60
高槻中・前期 55 55 52
四天王寺中・英数2 58 61 59
四天王寺中・英数1 55 57 54
西大和学園中 61 64 64
清風南海中・男子A日程特進 56 56 56
清風南海中・女子A日程特進 58 57 57
受験者平均偏差値の平均値 58.13 59.25 58.00
志望者数を加味した平均値 58.39 59.83 58.57

上記の表にあるように、偏差値66以上の生徒が希望する学校で、半数以上が偏差値55を超えている学校だけを分析しました。

まず、人数の動向です。
受験生全体が減っていますので、単純に人数を見ると減少傾向のように見えます。
ただ、受験生に占める割合を見ると、3年前に比べると減少していますが、昨年よりは増えています。

次に志望者全員の偏差値の平均を見てみますと、こちらも大きな変動はないようです。
しかし、学校ごとに見ると、昨年と比べ、四天王寺の落ち込みが激しい。
また、星光・西大和も同様です。
このデータが全体を引き下げる原因となっているようです。
上昇しているのは清風南海の女子A日程特進だけという結果になりました。
ただし、今回のデータが2011年の状況に似ていることにも注目しておきましょう。


このように、今回、受験者の層には、大きな変動はないように思われます。
ただ、受験者数そのものの減少が、はっきりした傾向として見えるのが心配なところです。

もちろん、今回の試験はまだ、第1回。
事実上、小学校5年生の最終回です。

これから春期講習をはさんで、5月に実施される第2回テストまでに、復習をこなして力を伸ばす時間はたくさんあります。
ぜひ、次のテストを目標に学習を続けて下さい。





スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/785-0758318e

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。