南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  大阪市教育計画に文科省もビックリ!! 

今日の朝日新聞に「大阪市、小1から英語授業」との記事。
調べてみると、それだけではありませんでした。

詳しいのは、産経ニュースの記事。
大阪市は、以下のような改革を計画しているそうです。

--------------------------------------------------------------------------------
  □英検:中3で準1級、小6で3級の取得を目標とする
  □教職免許を持たない一般社会人でも指導できるような措置を講じ、理数系教員を確保する
  □小1生から「フォニックス」を使った英語教育を導入
  □学校からのいじめ問題にかんする相談に対応する第三者機関を設置
--------------------------------------------------------------------------------

記事の中では、「公立小でフォニックスを使った英語教育は全国でも聞いたことがない」という文科省の声を伝えています。

私立小学校の状況には詳しくないので、HPからの情報になりますが、フォニックスを取り入れているということを記載しているのは、はつしば学園小学校
ただし、小学校3年生からのようです。
帝塚山学院小学校賢明学院小学校ともに、発音に慣れる・コミュニケーション能力を高める・会話の基礎を身につけるといったような目標はありますが、フォニックスを使用するとの記載はないようです。
また、英検の何級を目標としているのかということもわかりませんでした。

それだけに、今回の大阪市の「具体的な数値目標」は異色だということになるかもしれません。
理念や方向は賛成します。
今後は、制度設計や教職員の研修ということになるのでしょうが、「全体で○○%が達成しました」ということになるのか、それとも、全員の取得を目指すのか。
「公」教育の目標として、適切に運営してゆくことが難しい問題のようにおもいます。
結局、教育は「個々」に対応することになるはずです。

※追記
帝塚山学院は、独自に小学生対象の英語の土曜学校「帝塚山学院土曜スクール TSS」も開校しておられます。


スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/754-44926497

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。