南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  最近、成績が上がった生徒さんの共通点は… 

2学期に入り、特に小学校6年生はエンジンがかかってきました。
授業と自主勉強を合わせると、ほぼ、毎日、顔を見る生徒さんも増えてきます。
また、自主勉強の内容も、単に宿題をこなすだけでなく、自分の弱点を補うために知識をまとめたり、単元別に問題を解いたりと、必要に合わせて勉強をするようになってきてくれました。

そんな中で、成績を上げつつある生徒さんがあります。
受験生全体が、合格に向かって邁進するこの時期に、少しでも成績を上げるのはうれしいこと。
そこにはなにか秘密があるのでしょうか。
過去に指導した生徒さんも含めて考えてみます。

まず、気づくのは、ノートに緻密さがましてきたこと。

と言っても、たいそうなことではありません。
例えば、算数の途中式・筆算を書き殴るのではなく、丁寧に書くようになってきた。
もちろん丁寧と言っても、「お習字」的な意味ではなく、問題を解く過程をしっかり追って書くようになってきたという印象です。
それ以外にも、社会のまとめノートが、これまでよりも整ってきたとか、色ペンの使い分けが上手になってきたり。
勉強の大切なポイントがつかめてきたという印象です。


それから、持ち物がシンプルになってきた。

例えば、筆箱ですが、色ペンでパンパンになっていたり、中には3つも筆箱を持っていたりする生徒さんもいるのですが、だんだんと使う道具がシンプルになってきます。
お気に入りのシェープペンシルとマーカー類が決まってくるようです。
定規なども、余計なイラスト等が入っていない実用的なものになってきます。


こういった変化の基本にあるのは、やはり、「目標に対する意識」だと思います。
自分のいきたい学校が明確に意識されるようになってきた。
そのことが一番大きな原動力のような気がします。


強制でも命令でもなく、「みずから」というのが一番強い。
そういった気持ちを育てることができた保護者の方の忍耐とサポートに拍手です。


スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/727-a6af3bb6

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。