南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  過去問コーチング:こんなこと教えています(2) 

前回のエントリーでは、過去問を学習する意味について解説しました。
今回は、実際に、どのように勉強するかということを書いてみます。

前回にも書いたことですが、過去問を学習するのは、来年度の入試の予行演習でもあるわけです。
また、「試験」という時間が限られた環境で、できるだけ高得点を獲得するということも考えなければなりません。
そのため、「本番通り」に問題を解いていくということが鍵になります。

次に、学習のステップをまとめてみました。

--------------------------------------------------------------------------------
Step1:解答用紙をコピーしておく。
--------------------------------------------------------------------------------
※何度も練習をしたいからです。
※もし、解答用紙が小さい時は、実際の答案用紙の大きさにまで拡大しましょう。

--------------------------------------------------------------------------------
Step2:タイマーをセット!
--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
Step3:実際のテストと同じ時間で、解いてみる。
--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
Step4:赤本の解答を見て、○付け+採点をする。
--------------------------------------------------------------------------------
※実は、この採点と、その後のやり直しが大切。これについては、また、後日…。


--------------------------------------------------------------------------------
Step5:点数を控えておく。
--------------------------------------------------------------------------------


解いていく順番ですが、古い年度から新しい年度へ向けて、全教科を解いていきます。
2008年の国算理社が終わったら、2009年の国算理社…というふうになります。

また、一番新しい、この春に実施された入試問題は、解きません。
入試の直前、12月中にやって、最終調整の材料にする方がいいでしょう。

おそらく、お通いの塾でも指導があると思いますが、ぜひ、参考にしてください。


スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/717-59cab0c5

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。