南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  過去問コーチング:こんなこと教えています(1) 

先日、航路開拓舎では「過去問集中演習会」を実施しました。
その際に、志望校の過去問を解く意味や、その方法を指導しました。
今からの時期は、どの受験生でも、過去問に取り組む時期です。
参考になればと思いますので、そこでの指導内容をエントリーします。

まず、はじめに、今回は、「なぜ、過去問を勉強するか?」ということ。
過去問に取り組むメリットです。

--------------------------------------------------------------------------------
 私立の出題傾向は、各学校によってばらばら。その傾向を知ることができる。
--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
 テストの形式や、問題の量・問題の幅(基礎から応用・発展まで)を知ることができる。
--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
 本番の入試の予行演習ができる。
--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
 来年度入試の予想も可能。
--------------------------------------------------------------------------------


まさに、「敵を知り…」ということです。

さらに各学校とも、できるだけ出題のレベル・内容は変えないように考えて問題を作っています。
それは、昨年の入学生と今年の入学生のレベルの差を調べるためでもあります。

また、大きく出題傾向を変えるときや、問題の難易度を変えるときには、事前に、説明会などで報告されることがほとんどです。
そういった意味でも説明会への出席は大切なのですが、実際に過去問を解いておればこそ、その違いがわかるわけです。

さらに、上記の事柄をより有効に、理解+活用するための勉強方法もあるわけです。
次の機会には、そういった具体的な勉強方法をご紹介しようと思います。

スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/714-fbb536f7

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。