南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  71歳でオリンピック 法華津(ほけつ)寛氏 乗馬で 

人生の中で、「肉体的なピーク」はいつなんでしょう。
瞬発力や俊敏性、あるいは筋力など、様々な視点から、多様な答えがありそうです。

しかし、この度、オリンピック出場を確実にしていると報じられたのが71歳の法華津さん。
4年前にもお聞きしたお名前です。
以下は、msn産経ニュースから。
いつものように、引用の上、要約しました。

--------------------------------------------------------------------------------
「少しずつうまくなっている」法華津、71歳でも衰えない向上心 2012.4.12 18:59
--------------------------------------------------------------------------------
ロンドン五輪の馬術代表で、日本選手の五輪最年長出場記録を更新確実な法華津氏。
「一番のモチベーションは少しずつでも、自分がうまくなっていること」。

馬場で、馬をあやつり、演技の出来映えを競う採点競技。
欧州勢が強く、法華津も2003年から家族を日本に残しドイツで技術を磨いた。

ロンドン五輪は、愛馬ウイスパーの故障を乗り越えてつかんだ。
約6年コンビを組むウイスパーの右後脚に昨年2月、異変が。
同11月に手術が決まり、一時は五輪をあきらめたが、その後、奇跡的な回復。
今年1月からの6週間で6大会11競技に出場して結果を残した。
--------------------------------------------------------------------------------

まずは、ご出場をお祝いするとともに、ご健闘をお祈りします。

この記事の中で、一番、注目したいのは、「一番のモチベーションは少しずつでも、自分がうまくなっている」というところ。
「向上」の実感は、やる気の源といったところでしょうか。


ただ、そういった実感を感じることができるのは、大人だからこそ。
もしかしたら、「向上している」と自ら思うことで、やる気を生み出しているのかもしれません。



では、小学生の場合、こういった「向上の実感」をモチベーション・アップにいかすことはできるのでしょうか。
お気づきだと思いますが、残念ながら、小学生は、自分から「向上」を感じて、それをモチベーションにするには幼すぎます。

そこで、保護者の方の出番なのです。

ポイントは「向上した」と感じさせること。
   「できたね」
   「うまくなったね」
   「上手になったやん」
   「早くできるようになったね」  など
「以前よりも、よくなっている。成長している。」ということを教えてあげる事が必要です。

もちろん、そのためには、向上したポイントを発見する目が必要です。
お子さんの小さな変化(向上・成長)を見つけてあげるのは、保護者の方の大切な役割ですし、また、喜びのはず。
その感動を、しっかり伝えてあげましょう。

スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/649-046285b5

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。