南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  京大との協定の内容がわかってきました 

昨晩あたりから、ネット上でも報道され始めています。

具体的な協定の内容がわかりやすいのは、以下の毎日jpの記事。
引用の上、要約します。

--------------------------------------------------------------------------------
大阪府教委:エリート高校支援で京大と協定  毎日新聞 2012年2月16日 11時54分
--------------------------------------------------------------------------------
京大と府教委は、府指定の“エリート高校”での教育を京大が支援するための連携協定を締結。
「進学指導特色校」10校の生徒を対象に特別授業や大学訪問の受け入れなどを行う。
--------------------------------------------------------------------------------
進学指導特色校は今年度から導入。
進学実績の高い伝統校に、文理学科を設置。
難関大学への入学や国際的リーダーの養成などを目指す。

京大は学内で高校生向け特別授業を行うほか、研究室などの訪問機会を提供する予定。
各校の教員らと授業内容に関する情報交換も行う。
--------------------------------------------------------------------------------

連携の内容は、進学特色校(いわゆるTop10。北野・天王寺・茨木・三国丘など)の生徒を対象にしたもの。
京大の教授による特別授業を受けたり、大学を訪問することによって、京大へ進学しようというモチベーションを高める。
京大としては、そういったモチベーションの高い生徒を確保することで、優秀な受験者を確保するといったねらいのようです。

さて、一つ注目したいのは、進学指導特色校。
毎日新聞が「エリート高校」と一括しているように、他の高校とは一線を画しています。

府教委は、こういった公立高校の階層化を、あきらかに「是」としているわけで、今後、入試システムも含め、大きな変更があるかもしれません。

公立中学への進学を決めるということは、これまでは、漠然と公立高校か私立高校かといった感覚で良かったかもしれません。
しかし、公私ともに、学校ごとの特色が明確になってきているわけで、「進学特色校」を目標にするのか、その他の公立か。
あるいは、授業料実質無償化を受けて、私立高校を目指すのか。
早い時期から、しっかりと展望を持っておきたいものです。


--------------------
京大と大阪府教委 人材育成で連携 京都新聞 2012年02月16日 13時36分
--------------------



スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/635-c8659da1

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。