南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  小学生で社長 

理科という科目は不思議な科目で、興味を持ったものは、どれだけ深めても、まだ、続きがある。
指導する私達も、できるだけ「原理」に近づいて説明したいわけで、時々、小学生には難しい内容にも触れることになります。

最近の授業で指導したのは「燃焼」という単元。
原子や分子の違いなどから説明するわけですが、しっかり理解できるまでにはそれなりの学習が必要です。
なにかいい手立てはないかと調べていると、「ケミストリークエスト」というゲームがあることを発見。


で、本題はここから。

このゲームを開発したのは小学校6年生で、すでに、そのゲーム作成の会社の社長(!)になっているとのこと。

調べると以下の記事がありました。
いつものように引用の上、要約します。

--------------------------------------------------------------------------------
小学生社長開発の元素結合カードゲームが人気:デジタル朝日:2012年2月13日03時00分
--------------------------------------------------------------------------------
「小学生社長」がつくったカードゲームが人気。
考案したのは、神奈川県在住の小6生。
昨夏、ゲーム企画会社を立ち上げ、社長に就いている。

ゲームは元素記号を表すカードを組み合わせて遊ぶ「ケミストリークエスト」。

原型ができたのは3年前。
小3だった米山君が、パソコンで自作。

昨年10月に販売し、すでに約1万6千部が作られた。

昨年7月、ゲームの商品化に合わせて会社を自宅に設立。
父親を代表取締役に、自分を社長として登記。

「世の中の物質が100個ほどの元素の結合でできていることを知り、とても感動。
 それを伝えたかった」

米山君は、将来、社長業でなく、研究者になるのが目標と。

「化学に限らず、多くの分野の複合的な知識を身につけて、新しい発見をしたい。
 それを多くの人に伝えるのが夢です」
--------------------------------------------------------------------------------

なかなか素晴らしい。

で、もう少し調べてみると、米山君は、小4の時に四谷大塚主催の全国統一小学生テストで、総合第1位に輝いています。(受験者:小学4年生21,824名)

さらに「第14回 ジュニア算数オリンピック大会」の予選大会に出場し、ファイナル進出を果たすなど、単に化学だけが好きなわけではない。


上記の記事によると、米山君は、国立大付属中学の入試に合格したとのことで、「受験勉強が終わったので、本格的にゲーム開発に力を入れることができます」とコメントしています。
自分の能力を活かし、役立つものを創造する。
さらに、それが他の人の役に立つというのは、理想の形。
今後の活躍に、大いに期待します。

スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/633-d7efb8ce

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。