南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  朝起きのために就寝時刻を調整する 

受験勉強といえば、夜型のイメージ。
実際、学校での学習を考えるとそうならざるを得ないでしょう。

一方、入試の時間は午前が中心。
午後入試を実施する学校も増えてきましたが、午後入試だけを単独で受験する生徒さんは少なく、ほとんどの方が、午前中に他校を受験できるという事を念頭においての選択です。
つまり、午後入試を受ける日も、午前の入試を受験する可能性が高いわけで、結局、早起きが求められます。

そこで、冬休みの期間を使って、朝起き型に変更しようというわけです。
ただし、以下にある内容は、様々な情報を集めたものではありますが、参考程度にお願いします。

--------------------
■就寝時刻と起床時刻を一定にする
--------------------
まず、基本は、規則正しい生活。
そこで、就寝時刻・起床時刻を一定にしましょう。
ただ、無理は禁物ですが、「早く寝れば早く起きられる」ということは念頭においておきましょう、


--------------------
■起床後、明るい光を浴びる
--------------------
明るい光は、体内時計の調節をしてくれるということです。
起床後、太陽の光を浴びるなど、有効なようです。


--------------------
■朝食をきちんととる
--------------------
寝ていた間に失われた水分や栄養を補給するためでもありますが、しっかりと「噛む」ことで、目が覚めるとのこと。
そこで、サラダなどの、歯ごたえのあるものを食べると良いようです。


いかがでしょうか。

最後に、ひとつだけお願いを。
絶対に朝方に変えなければならないということではありません。
どうしても朝が苦手な生徒さんもあるわけで、これからの約20日間で、克服できない可能性もあります。
むしろ、普段通りの生活を続けるほうが、良好にいく場合もあります。

全般的なところから判断してあげてください。


スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/613-d4d2765c

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。