南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  「進度型」?「深度型」?、コース別のカリキュラムにも注目 

現在、ほとんどの学校がコース制で、募集を行っています。
英数・特進・I類・II類などをはじめ、連携している大学進学を前提とした関学コース・立命館コース、また、帝塚山学院のヴェルジェコースなど、多様なコースがあります。

受験生としては、コースごとの難易度が一番気になるところだと思います。
その次は、「回し合格」制度の有無や、1次試験での合格を確保した後のステップアップが可能かどうかなどでしょう。

しかし、次のような点も大切。
できれば、チェックしておいてください。

仮に、ある中学で、Sコース・Aコース・Bコースと3コースを設定していて、S>A>Bの順で難度が高いとします。
ある生徒さんがAコースを目指して受験したものの、Bコースへ回し合格になった。
結果判明後から、すぐ中学校への準備を始め、1学期の初めから成績は上位を確保。
学年終了時点には、トップの成績に。

さて、問題は、ここから。
ほとんどの学校がコース変更のシステムを持っておられます。
ただし、学校によって変更のタイミング=何年生の時にコースを変わるのかが違いますし、コースごとの授業の進み方も違うのです。

注目したいのは「授業の進み方」に違いがある場合。
先ほどの生徒さんの場合も、おそらくAコースへステップアップになると思いますが、Aコースのほうが先に進んでいると、追いつくのが大変です。
新コースでの学習を進めながら、加えて追いつくための勉強もしなければならない。

実際、中学受験を経て入学した生徒さんは、学力や勉強方法が洗練されていない上に、英語・数学については、ほとんど同一のスタートラインからといってもいい状態。
仮に、入試の成績が思わしくなくても、その後に大きく伸びる生徒さんが必ずあるのです。

そこで、一部の学校では、コース変更がスムーズにいくように、カリキュラムに工夫をしています。

例えば四天王寺ですが、英数Iコース・英数IIコースのカリキュラムは同一。
しかし、学習の深さを変えることで、基礎重視コース・発展的内容指導コースというような違いです。
ホームページにも「余裕をもってゆっくりと緻密に指導していくのがこのコース(Iコースのことです)。Ⅱコースよりやや少ないクラス生徒人数で手厚くフォローし、しっかり基礎固めをして、希望大学を目指します。」と説明しておられます。

また、大谷中学校も医進・特進I・特進IIと、3コースを設けているにもかかわらず、中学1年の時には、同一の進度で指導。
内容の深さ=深度で差をつけるそうです。

こういった深度で差をつける「深度型」カリキュラムの場合は、コース変更にも比較的スムーズに対応できます。
コース変更時に「コースが変わっても、楽に上がれた!」という印象を持つことができれば、先の例のような生徒さんも、さらに上のSコースを目指す力が出てくるかもしれない。

カリキュラムの進み方に違いがある「進度型」か、それとも指導の深さが違う「深度型」か。
単に、コースの違いに注目するのではなく、入学後の目標づくりのためにも、注目したいポイントだと思います。

スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/597-e2bfe24f

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。