南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  消しゴムの使いどころ 

鉛筆(シャーペン)・消しゴム・色ペン・定規等は、日ごろの学習に必要なもの。
加えて、算数の時間には、コンパス・三角定規・分度器も用意しておくように指導しています。
毎回使うというわけではないのですが、いわば作法のようなもので、算数を学習する準備として必要だということです。

逆に、鉛筆類は必須。
これがないと始まりません。

では、消しゴムはどうでしょうか。

最近、感じるのは、「必要ない場面も多い」と考えておくべきではないかということです。


まず、消しゴムが必要な場面を考えてみると、テストのときは必須ですね。
一度は答えを書いたけれど、それが間違っているときは、消して書き直す必要があります。

それ以外はどうでしょう。

例えば、計算をします。
途中で間違いに気づいた場合、部分的に書き直す場合はあるでしょう。
また、宿題をし終わって、見直してみると間違っていた場合も消しゴムの出番。

しかし、テスト中に一度は計算したひっ算が間違っていたとき、丁寧に消す必要はありません。
むしろ、「消す」ことで時間を取られるほうがマイナスだと思います。

また、普段の授業中に問題を解くなど、始めてみた問題を、あれこれと試行錯誤しながら解くような場合は、どんどんと書き進めていくほうが新しい視点が生まれやすい。
さらに、意外に最初に書いていたことが、後から役立つ場合もあります。


大切なことは、いつでもきれいで整ったノートを作る必要はないということ。
記録として残す、授業ノートは整っている必要がある。
しかし、一方では、自分の考えの過程が見えるノート、あるいは間違いの足跡が残るノートも必要なのです。

もちろん、殴り書きのような、読めない文字を書いてはいけません。
しかし、集中して解いているか、工夫しているかどうかが見える、価値ある汚し方もあるわけです。
そんなノートは、勢いもありますし、それなりに整ってきます。

テストを終えたときにも、テストの問題が全く汚れていないなどということはありません。
むしろ、たくさんの書き込みをし、一生懸命の足跡を残しましょう。



スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/574-53125349

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。