南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  意外!?国語の学習方法 

昨日は、全国統一小学生テストに関連して、「成績返却会」を実施。
これで、全統関連の一連の行事は終了しました。

返却会は、テストの結果・傾向、成績表の見方などを説明するのですが、最後にアンケートを実施して、自由に感想を書いていただきました。
内容を拝見して、大変驚いたのが、国語の勉強法やテストの取り組み方の説明に対する反響。
ほとんどの方から「初めて知った」「知らなかった」「参考になった」というコメントをいただきました。
今回のテストは公開テストですので、大手の進学塾・チェーン塾に通われている方もあるわけですが、そういった方も含めての反応です。


国語は、どうしても「見えにくい」科目。
勉強方法はもちろん、問題を解く過程にしても、どうしてもわかりにくい。
成績を上げる方法・実力を伸ばす方法・テストで点数を確保する方法になるとなおさらです。
当然、算数のほうがそういった面はわかりやすいわけで、○○算といった分類や線分図・面積図・天秤図などの手法にもそれが表れています。

それでも、国語にだっていくつかの「コツ」や「作法」はあるわけです。
それこそ、知っているかどうかで差がつくポイントです。

説明会でご説明した内容は、以下のような内容でした。

--------------------------------------------------------------------------------
  国語の問題を解くにあたって
    読む力
      文章を正確に読める力、また、理解できる力が必要。
      漢字や語句の知識も、半分はそのためにある。
      加えて、「問題文を読む力」が必要。
      それぞれの問題が、何を聞いているのか、きちんとつかめるよう。
    解答を書く力
      答えをきちんと表現できなければ正解にならない。
      問題に、答えが、ある範囲に収まるような仕組みが施されている。
      それを理解して解答を作成する力をつけることが必要。
  家庭学習でのコツ
      問題の文章も、問題文も、すべて音読する。
      問題集は解答・解説の詳しいものを。不正解の理由をつかむのが勉強。
  解き方の手法を学ぶ
      たとえば…
        指示語の問題では、指示語の前の部分を探し、
        答えを指示語に当てはめて、点検する   など
                     参考書などを活用するほうがよい。
--------------------------------------------------------------------------------

おそらく国語に携わるほとんどの先生がこういったことをご存じだと思いますが、生徒さんにも、もっときちんと伝える必要も感じました。


スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/562-bbc5eb1b

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。