南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  例えば「ノートを丁寧に」  目標を細分化して解決しよう 

家庭で勉強をしていると、なかなか改善できないことがあります。
例えば、計算のミスが多い、丁寧にかけない、漢字を覚えるのが苦手など。
中でも、字の丁寧さで悩んでいる方はたくさんあると思います。


私は、授業開始の確認小テストの間に、生徒さんの宿題のノートを点検します。
その中でも、やはり乱れたノートがあるわけです。

ある日、ふと思いついて、ある男の子の国語のノートに、「今日の指令!」というメモを残すことにしました。
「今日の指令!ノートを書く時に、問題の番号をていねいに書こう!」

ノートを返却すると、少々、複雑な表情でメモを読んでくれていました。
次の授業の時に提出されたノートを見せていただくと、しっかり「指令」が達成されていました。
そこで、最初に「ちゃんと指令が達成できたね」という内容を書き、次の指令につなげてゆきました。

それから続けて毎週、次のような「指令」を出しました。
およそ、次のような内容だったと思います。

    1.番号を書く高さを決めよう!
    2.大問のまわりの四角を丁寧に!
    3.ひらがなをチョーていねいに!
                 など…。


目標は「ノートをきれいに」ということですが、実は、いろいろな要素があるわけです。
字をきれいにといっても、漢字のバランスが悪い子もいれば、数字がひどい生徒さんもある。
そういった一つ一つを少しずつ修正していくほうが、結局、近道のようです。


さて、もうひとつ、この方法の副産物があります。
それは、目標を細分化し、少しずつ進むため、そのたびにほめてあげることができるということ。

「努力」が「成果」に結びつくという経験は、自信を獲得するためにとても大切です。
ご家庭でも、そういった小さな一歩を大切にした指導をしてみてはいかがでしょうか。
「どういったステップがあるのかわからない」という方は、お通いの塾の先生に相談してみてください。

スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/523-9726124e

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。