南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  府下私立高校 専願率が上昇 無償化の影響か? 

2/4付の産経ニュースで、報道されました。
以下、いつものように引用の上、要約しました。

--------------------------------------------------------------------------------
大阪府内の私立高 専願率が5・56ポイント増  2011.2.4 20:22  産経ニュース
--------------------------------------------------------------------------------
私立中高連のまとめた私立高入試の出願状況によると、専願率が前年度比5・56ポイント増の27・02%に。
連合会は「私立校の授業料無償化で専願傾向が強まった」と分析。
--------------------------------------------------------------------------------
専願率は専願出願者数を÷志願者数。
私立高専願率は20年前の平成3年度には37・70%。
しかし、バブル崩壊期以降は公立志向が強まり、一番低下した21年度は20・98%。

府は23年度の新入生から、私立高校授業料について年収に応じ無償・補助する策を導入。
私立高校を選ぶ際、経済的な理由に左右されない環境が整ったという。

3日現在、府内で外部募集定員の約2万1千人に、専併をあわせ、約7万4千人が応募。
平均倍率は3・45倍とほぼ前年並みに。
--------------------------------------------------------------------------------

平均倍率が変わらない中で、専願の割合が増えたというのは、明るいニュースです。
しかし、現実は、そういった受験生に選ばれる学校になれたかどうかが問題。
当然、偏りがあるわけで、中学受験の受験生の減少を、高校受験で補いたいけれども、うまくいかないケースもあるよう。

さらに、公立高校の個性化(前期入試の専門学科や文理科など)によって、受験生の意識・保護者の意識にも変化が出ている。
その中で、各私立も、しっかりと個性を示していかなかければなりません。

専願率が増えたということは、それだけ私立の教育が認められたということです。
しかし、きっかけは、府の経済的な施策。
求められるのは、現状の日本と同じく、自力でのV字回復では?



   》》》産経ニュース「大阪府内の私立高 専願率が5・56ポイント増
                         2011.2.4 20:22



スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/521-e35ee4f6

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。