南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  近畿大学附属中 入試状況判明 

近畿大学付属中学校の入試結果が判明しました。

前期では約20名の志願者増、後期はほぼ昨年と同じ人数でした。

近大付属中 前期 後期
出願数 292
(昨年273名)
380
(昨年383名)
受験者 282 192
合格者 228 102
実質倍率 1.24 1.88
合格者平均 医薬進学227.7
英数特進
212.9
英数標準
183.8
全合格者
203.6
医薬進学249.3
英数特進
216.6
英数標準
183.9
全合格者
206.5
合格基準点 医薬進学209
英数特進
194
英数標準
168
医薬進学226
英数特進
200
英数標準
172


各私学が、軒並み人数を減らしている中で、昨年度と同様の人数を集められたのは、共学校として、また、それぞれのコースではっきりした目標をもった指導を展開されている点などが評価され、定着してきているのではないでしょうか。
一方で、他の中学校は、様々な入試戦術(言い換えるならば、集客戦術となります。はっきり割り切ってそういいきる学校もあるでしょう)を練り上げています。
近畿大学付属の強みは、他にない独特の指導システムです。
それが大きな武器になるでしょう。

上宮・上宮太子が共学化したことで、共学校が当たり前、女子校・男子校はめずらしい存在になりそうな気配。
それぞれに個性を活かした戦術を練る必要があるでしょう。

それだけに受験生の皆さんも、「賢い受験者」であるべきで、まず、どのような学校を目指しているのか、目標立てをしっかりとやりましょう。



スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/509-bad9cca9

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。