南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  少しずつ状況が見えてきました (府下南部主要校出願状況) 

先ほど、出願状況を更新しました。

まず、訂正です。
初芝富田林中学校の1/16/日の入試ですが、「中期」という名称が正しいものでした。
昨日までは、「中期III類」としていましたが、これは、昨年までの名称。
今年から、中期入試でも、I類・II類・III類の受験が可能になっています。
学校の方にはご迷惑をおかけしました。
また、ご指摘頂き、ありがとうございました。


さて、各学校の状況がかなり見えてきましたが、注目したいのは桃山学院中学校のB日程。
出願の〆切まであと9日を残して、昨年の出願数を30名ほど上回っています。
この入試は、「午後入試」です。
午前中に他校を受験し、午後から桃山学院という流れで願書を出した方が多いのかもしれません。

しかし、2次試験以降は、出願数と実際の受験者数にの差が広がる傾向にあります。
多くの学校がインターネットによる発表を行い、試験当日の夜には結果がわかることが増えています。
おそらくその結果にもよるはずですから、出願数増加=受験者倍率の増加と見ることは危険ですが、「午後入試」の注目度、というよりは、実際の受験状況がわかるわけで、来年度以降に受験を控えておられる方は、特に注意しておくほうが良いでしょう。

なお、この入試から共学校となった上宮の動向にも注目が集まっています。
すでに、年内に実施された説明会やブース説明会でも、昨年以上の人気だったようです。
共学化を嫌って志望校変更をした男子受験生が少ないことに加え、予想以上に女子の人気が高く、同時に共学であれば行きたいという男子も増えているようです。
単純な表現ではありますが、「パイが3倍に」なったわけで、受験者の増加が予想されます。
実際は、8日以降の出願状況によるわけで、もう少し状況を分析する必要がありますが、競合と考えられる一部の共学中学が苦戦しているなど、すでに影響はあらわれているようです。


スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/498-7ef7e184

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。