南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  「難波から30分」って? 

私は、移動のときは、ほとんど電車を使用します。

時には書斎。

時にはゆりかご。

時にはアイディア想像ツールとして利用させていただくのはもちろん、車内の広告も大切な情報源です。


さて、先日、気になった広告がありました。
ふと見ると、「難波から30分」とあります。
マンション?と思ったものの、少々、様子が違うわけです。



早々に種明かしをすると(ご覧になった方もあると思いますので…)、立命館大学の車内広告でした。


茨木にキャンパスを設けるということは、すでにお伝えしたとおり。
こうやって、早々に広告を打ってくるというのも、アピール上手の立命館らしい。
これまで、京都・滋賀のキャンパスしかなかったわけで、その事実をご存知の方にとっては、とりわけ目を引くものだったでしょう。


で、大切なのはここから。
広告の右下には、さりげなく提携校として「初芝富田林」「初芝立命館」「初芝橋本」の名前がありました。
立命館の広告であるとともに、しっかり、この3校のアピールもしているわけで、見る人によっては、むしろその3校のほうが気になるかもしれません。

実際、大阪市内や大阪北部の方は、南部の方とは違った視点から初芝学園を見ている。
それは、立命館への入り口であり、立命館のノウハウを吸収しつつ成長する学園の姿です。

以前から一部で言われていた「大和川ライン」…大和川以南の生徒は以南の各校で、以北の生徒は以北の学校でそれぞれ確保し住み分けようという考え(結局、これが南部各校の成長をとどめていたのかもしれませんが…)に、はっきり風穴を開けたわけで、関学コースを擁する帝塚山学院とともに、「大学連携校・提携校」としての新しい学校の姿を示す勢いです。

先日は、高校無償化の私立中学への影響をエントリーしましたが、こういった大学との「化学反応」が成功している各学校にも注目する必要があります。





スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/492-2e2f130f

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。