南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  見えてきた「無償化」の影響 

来年度からの「私立高校」の「授業料」無償化。
所得制限があるものの、ほとんどの方が対象となる今回の施策の実行で、入試についても様々な影響が見えてきました。
もちろん、直接的には、その影響は高校に及ぶわけですが、ほとんどの私立は中高一貫です。
少しずつですが、中学受験にも、その波が届いてきそうです。

まず、高校入試ではっきり影響が出そうなのが、「府・県受験生の棲み分け効果」です。
これまで、和歌山や奈良の私立高校を目標にしていた生徒さんたちが、大阪へ戻ってきています。
他府県の学校に進学した場合、国の補助は受けられるものの、授業料の「無償化」とはいきません。
そのため、大阪府の生徒が他府県の学校を受験するケースは減ってきそうです。

そうはいっても、近畿圏最難関校群のひとつである西大和などは、まだ、その影響は未知数と考えておられるよう。
しかし、他の中堅校、特に大阪からの受験者を多く引き受けてきた、「大阪府周辺校」では、公立中学校からの問い合わせが減るなど、すでに影響が見えてきているらしい。

これまで、大阪府の私立では、「高校からは人数を集めるのが難しい。中学からできるだけたくさんの生徒を確保したい。」という考えの学校が少なからずありました。
しかし、一部の学校では、「他府県への受験生の流出」を防ぐことが出来たわけで、方針の転換を図る学校も出てくるかもしれません。
中学受験の門が狭くなるわけです。

一方、大阪府周辺の私立校(他府県)では、よほどの魅力を持つ学校でないと、生徒の確保が難しくなるでしょう。
中学3年間についてはハンデはないものの、いずれにしても高校では学費に差がある。
おそらく、ここ4~5年間はこういった状態が続くはずで、過渡期だとはいっても、今後に大きな影響を残しそうです。

最終的には、他府県もハンデなしで無償化となり、幅広く学校を選べるようになるのが受験生にとってのメリットだと思いますが…。



スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/490-0ea3dba4

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。