南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  共学化に大きな期待! 上宮中学校 

気象の世界では「特異日」というものがあるそうで、過去30年間の天候を調べると、ほとんど晴れている、あるいは雨である日のことだそうです。
例えば、東京オリンピックの開会式が行われた10月10日は晴れの特異日。
当日も、見事な晴天でした。

逆に、先日の「七夕」(7月7日)は雨の特異日。
なんだか、毎年、雨のような気がします。

さて、その7月7日に開催されたのが上宮の塾対象説明会。
こちらは、昨年までにない風景で「特異日」でした。

来春の入試から女子の募集を開始し、共学校となる上宮ですが、大変な注目を集めているようです。
まず、会場に到着して、最初に気づいたのが、来場者に女性の方が多いということ。
「共学化」に対して、女性の目できちんと判断していただくのはいいことです。
また、会場の最後部には大きなカメラがあります。
ビデオで記録しているのかと思いましたら、会場に入りきれない方があり、別の部屋にモニターを設けて、そこへ中継しているとのこと。
学校側の予想を超える反響があったということでしょうか。

さて、肝心な中身ですが、来年度から共学化する意義については、以下のような説明がありました。

-----共学化の目的
     女性の社会への参画が当たり前となった時代に、性差を意識せず、
     お互いに協力し高めあう環境が必要。
     上宮としても10年・20年先に活きる教育を行うことを理念としており、
     共学化の必要を感じていた。
-----共学化のタイミング
     今年、学園は120周年。来年は121年魔という新しい節目の年であることに加え、
     パワーコースから初の卒業生があり、更なる活性化を目指した。
-----共学化の基本方針
     社会で必要な資質の向上・全人教育を目標とした上宮教育の基本理念は堅持。
     当然、女子生徒についても、社会で活躍し社会に貢献したいという生徒を
     育ててゆく。

このように、これまでの伝統を堅持しながら、同時に時代の変化に対応していくということを「変わらぬ強さと変わりゆく強さ」と表しておられました。


気になる入試ですが、中学入試は今春と同じ160名の募集。
募集人数・合否基準ともに男女差は設けないとのこと。
つまり、男女関係なく、成績順に合否が決まるということです。

注目したいのは、入試日程です。
入試機会は、3回。
1次は、もちろん1月15日土曜日の解禁日ですが、2次Aは1月17日月曜日に、そして2次Bは1月17日月曜日の午後3時から実施されます。
最近、増えてきている午後入試を取り入れたというわけです。



入学した生徒さんの、成長の段階をしっかりと見つめながら指導していただけるというのが、私の上宮に対する一番の印象。
1次・2次をとわず、受験の可能性があるならば、10月17日日曜日の体験学習会などに参加し、学校の様子を見てください。


最後に、ひとつだけ気になったことを。
説明会そのものは、昨年と同じ、つまり、これまでの男子校の上宮でした。
それでも、今後の保護者対象の説明会などでは、「女子が生活する場」としての上宮の姿を、もっともっと見せていただけると思います。





スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/448-6451de0b

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。