南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  「何を使って調べればいいの?」 

先日のエントリーに関連しますが、皆さんは理科の知識系問題や社会、国語の知識などは、何で調べておられますか?

以前、生徒さんに聞いたところ、インターネットを利用するという方もありました。

当然、学校でも検索に使用するなどして、「いまどきの子供たち」は使い方も慣れています。
しかし、使い方によっては無駄も出てきますので、注意が必要です。
以下に、その問題点をまとめてみました。

-----子供向きの解説に行きあたらない場合がある。
インターネットのすべてのページが子供向きというわけではありません。
もちろん、詳しい知識を得るためならば、必要なこともあるのですが、宿題をやっている時や自主勉強のときであれば、不必要なことかもしれません。
詳しいこと、興味深いことに出会って、勉強の意欲が出てくる効果は否定しませんが、場合によっては、能率が優先されることがあるのです。

-----関連事項を掘り下げないようにする。
クリック一つで新しいデータに出会えるのがインターネットの魅力ですが、一つのことを調べている間に、どんどん、違うことに興味が出てきて、遠回りしてしまうことにもなりかねません。
アイディアを生み出したり、幅広い知識を得るためには必要なことであっても、本来の目的から外れることになりかねません。

-----間違った知識・古い知識に出会うことがある。
ネット上には、さまざまな情報が埋もれています。
中には、古い常識が、そのまま掲載されていることもあります。
当然、間違った知識も掲載されていることがあります。
さらには、最新の知識であるが、学校教育の中では指導されていないこともあります。
最近では、鎌倉幕府の成立の時期や、聖徳太子の肖像画などが問題になっています。


では、結局、どうするかということですが、やはり参考書をきちんと使うのが一番ではないでしょうか。
入試終了まで、使い慣れた1冊の本を持っておくほうが、調べるにもはやく、必要な知識が網羅されている安心感もあります。
何よりも、努力の量が本に表れてきますよね。

インターネットの効用を否定するわけではありません。
ただ、上にあげたような問題点があることも確か。
もし、活用するならば、お子さんに任せるのではなく、保護者の方がナビゲートしながら使用するほうがいいのではないでしょうか。






スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/393-d9a924d6

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。