南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  私立も無償化へ? 文科省が低所得世帯を対象に 

公立高校無償化が話題となり、大阪府も公立高校の学費を下げ、実質無償化に足並みをそろえるというのは、先日、お伝えしたばかり。
今度は、文科省が、私立も無償化する方向で、総務省へ要望を提出したとのこと。

以下は、共同通信の記事です。
引用の上、要約しました。
--------------------------------------------------------------------------------
私立も低所得世帯は無償化 文科省が総務省に要望へ
--------------------------------------------------------------------------------
文科省は公立高実質無償化に伴い、地方交付税交付金を転用、私立も低所得世帯は無償化できるよう総務省に求める方針を決めた。

対象は年収350万円以下の世帯とする考え。
私立通学の場合、現状では、低所得世帯でも10万円以上の負担が残る。
高校は入試の結果次第で私立に通わざるを得ないケースも。
この状態に対し、公平性を疑問視する声が出ていた。

文科省によると、授業料滞納の立て替えなどで、自治体負担の経費は年計約320億円。
国は相当する額の交付金を自治体に手当てしているが、無償化すれば不要になる。
これを私立高授業料と支援金との差額を埋める上積み分の財源にできると判断。
浮いた249億円を私立無償化に向け、交付金に組み込むよう総務省に求める。

政府内で合意すれば、小中学校なら年収350万円以下の世帯は完全に無償化が可能に。
上積み対象を約610万円まで広げ、年収に応じて傾斜を付ける考え。
実際の支給額は各自治体が判断。

高校実質無償化は、民主党のマニフェストの看板政策。
文科省は来年度の概算要求で4501億円を盛り込んでいる。
            2009/10/23 02:02 【共同通信】
--------------------------------------------------------------------------------

こうなると、私立への追い風になるかと思うのですが、なかなか、そうはいかないようです。

総務省からの地方交付税は、自治体が自由に使えるお金。
ですから、文科省のねらい通りに、自治体が使うかどうかはわからない。
結局、自治体の判断によるわけです。

さて、そうなると、また、注目されるのが橋下さんの動き。
「教育」に対する投資は、未来への投資です。
「今」のお金に困る大阪府は、どう判断するのでしょう。
「教育」に対する投資とは、「無」から「有」を作り出せる唯一の具体的な投資かもしれませんが…。
すくなくとも、「『公』を重んじ、『私』を捨てる」ような、バランスの悪い政策は勘弁していただきたいものです。

   》》》私立も低所得世帯は無償化 文科省が総務省に要望へ
             2009/10/23 02:02 【共同通信】



ランキングに参加中です。
お役に立ちましたらクリックお願いします。
↓  ↓  ↓
blogram投票ボタン

スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/326-b195dad3

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。