南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  帝塚山学院 新たに入試改革を発表 

来年度入試から、これまでの3コース制を2コースに整理し、より目的を明確に、また、一人一人の進路をきちんと考える体制を作りつつある帝塚山学院ですが、今日、入試制度においても、変更点が発表されました。
そのいくつかは、これまでにない、新しい制度です。

まず、募集定員ですが、今春の200名を20名増やし、220名に変更されました。(今春・来春ともに内部進学予定60名を含みます)
また、入試日程も1日新設されます。

注目したいのは、この入試日程。
まず、解禁日・初日の1月16日土曜日に、1次A入試を実施します。
翌日の17日日曜日に、1次B入試を新設されました。
そして19日火曜日に、2次試験です。

このことにより、次のような受験パターンが可能。

  16日…大谷1次
  17日…帝塚山学院1次B
  18日…大谷2次A
  19日…大阪女学院後期

あるいは…
  
  16日…帝塚山学院1次A
  17日…大阪女学院前期
  18日…大谷2次A
  19日…帝塚山学院2次

これまでよりも、近隣の女子校との併願が容易になっています。

さらに、このダブル1次入試方式には特典があり、1次A入試・1次B入試を別々に出願すると、検定料(\20,000-)が別々に必要ですが、両日程を同時出願の場合は、検定料が1回分ですむとのこと。
たとえば、16日に帝塚山学院を受験後、その様子を見て17日の受験校を決めるようなときには、とりあえず、ダブル出願しておくほうが確実です。

出願ぎりぎりまで、何か、迷いがあるような時でも、両入試に出願しておけば、役立つかもしれません。


また、コース編成が変わったことにともなって、合格判定に「転コース合格制度」が採用されました。
これは、関学コースで出願の場合、関学コースの合格最低点に満たない場合でも、ヴェルジェコースでも判定をおこなうというもの。
転コースが前提となった判定を行うということです。


こういった一連の改革は、コース体制を変えるという「大変革」の影響で生まれた「小変革」ではありません。
その一つ一つにきちんとねらいを持って策定されているようです。
校長先生も「変化を続ける」ことの大切さを強調されていましたが、その一つ一つに、きちんと意味づけをしているのが、現在の学院の強みです。

「ヴェルジェ」とは「果樹園」とのこと。

豊かな土と、賢明な農夫たちが、すばらしい果実を育てるのを、楽しみに待っているようです。







ランキングに参加中です。

お役に立ちましたらクリックお願いします。

↓  ↓  ↓

blogram投票ボタン







スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/309-030db95a

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。