南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  学校閉鎖でも、入試は実施? インフルエンザへの対応は… 

先日、「緊急! 近大附属中体育祭延期です! 」(2009/09/12 15:09エントリー)に、「受験生もワクチンの接種順位をあげてほしい」とのコメントをいただきました。
受験生・保護者の方にとっては、深刻な問題。
実際、何らかの措置を講じざるを得ない状況ではないでしょうか。

試験会場で、マスクの着用を義務付けたり、消毒用のアルコールを準備するなどの動きもあります。

また、大学受験では、「追試験」の実施が検討されています。
以下は、YOMIURI ONLINEの記事。
引用の上、要約しました。

--------------------------------------------------------------------------------
新型インフル、入試どうする…対応に悩む大学
--------------------------------------------------------------------------------
新型インフルエンザの流行期を迎え、来春の入試で追試験を行うか、会場での感染防止をどう図るかなどに各大学が頭を悩ませている。

例年、センター試験以外で追試験が実施されることはほとんどない。
しかし、大量の欠席者、会場で複数の発熱者が発生する可能性もある。
文科省では、専門家チームを設置し、指針作りを急いでいる。

毎年、全国最多の受験者数を誇る早稲田大。
今春、12万1000人の志願者を集め、多い日は1万人を超える。

通常、発熱などのある受験生については別室受験で対応する。
しかし新型インフルが流行し、当日発熱者が出た場合や、大量の欠席者が出た場合、追試験を含めた検討を始めている。

早大では、日を改める追試験は前例がない。
最大の理由は、試験問題作成の負担が大きいため。

追試験を毎年実施しているのはセンター試験だけ。
ほかの大学では「阪神大震災の影響などで実施された程度」。

一方、私立中高は、「私立入試の後に公立高入試があり、追試験の実施が現実的には難しい」(日本私立中学高校連合会)という。

専門家は、「入試シーズンには流行のピークは過ぎており、弱毒性のままなら一般の受験生には危険はない」との意見もある。
文科省では、大学関係者や公衆衛生の専門家などからなる入試対策作業部会を設置。
10月中にも指針を示す方針。
(2009年9月10日 読売新聞)
--------------------------------------------------------------------------------

上記の問題は、まさに、府下の各私立中学校が抱えている問題。

一番、危惧されるのは、試験と流行が重なるなどして、欠試者が多量に発生し、定員を確保できないような事態が起こることでしょう。

ところが、追試験を実施するには、問題を作成しなければならない。
この作問が大変だそうです。
プレテストを実施しない学校の一部には、テストを作成する余裕がない場合もあるようです。

近畿圏の入試解禁日は、大学のセンター試験と同日。
以前から「電車が止まったら大混乱」との話を聞きます。
私立の各校は、中学受験生を受け入れるとともに、高3生を送り出すということもしているわけで、とても急には対応できません。

インフルエンザの毒性の変化や流行の状況など、今後の推移を見る必要がありますが、追試験日程をきちんと確保しておくことが必要かもしれません。




ランキングに参加中です。
情報が少しでもプラスになりましたらクリックをお願いします。
blogram投票ボタン




スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/303-85a5a740

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。