南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  四谷大塚 テストで関西・中部に進出… 

当Blogは、「南大阪」を中心に、こじんまりとお伝えしています。
大阪府でも、近畿圏でもない、狭い範囲が対象なわけですが、その一番の理由は、志望校を選ぶために、あるいは入試対策をするために必要なのは、生徒さん一人一人を知るのと同様に、学校一つ一つをきちんと知らなければならないという思いです。
ですから、偏差値でポンと輪切りにするような進路指導ではなく、たとえ五ッ木・駸々堂の成績が足らなくても、志望校の傾向にマッチした生徒さんであれば合格できる可能性があるわけで、それを常に探っているのです。

もちろん、そうはいっても、近畿圏での実力の程度を知るのは大切。
あるいは、数年間の推移から判断して、今年の状況をつかむのも大事です。
そのために活用させていただいているのが五ッ木・駸々堂の試験といえるでしょう。

入試全体を見渡せば、五ッ木・駸々堂以外にもテストはありますし、大手の塾さんも独自にテストを実施しています。
しかし、近畿圏の受験生の動向を、一番反映しているテストということになれば、五ッ木・駸々堂以外にはないでしょう。

さて、では関東圏ではどうかというと、四谷大塚の合不合判定テストが代表的なテストです。
受験者数も五ッ木・駸々堂の比ではありません。
現在は、他の競合大手塾の試験と併用する方も増えていますが、それでもまだまだ影響力の大きなテストです。

このテストが、今年、本格的に関西圏・中部圏で実施されることになりました。

関西+中部+関東の受験生が同一のテストに取り組むわけですから、受験者数はかなりの人数になるでしょう。
それだけに、信頼性の高い偏差値が出るかもしれません。

しかし、問題は、その結果が、一人一人のお子さんの志望校の判定に使用できるかどうかということです。
全国的な展開を狙っているわけですから、それだけ標準的な問題になるのでしょうが、それでも四谷大塚独特の癖があることは間違いない。
それに対応して上位の成績をとることができれば、もちろん価値あるテストでしょうが、中堅校以下になると信頼性はどうなのでしょうか。
五ッ木・駸々堂の場合、これまでに蓄積されたデータは膨大です。

今回のテストの要項を書いたリーフレットを見ると、灘をはじめとする上位校があげられています。
(なぜか、甲陽・六甲・同志社の名前は小さく書いてあるのですが…)

まず、お子さんの志望校の判定が、しっかりできるのかどうか。
試験を受験することで、何が得られるか。
そういったことを見極める必要があるでしょう。




追記:
大変、蛇足ではありますが…

リーフレットを見ると、4回すべてを受験すると、受験料を75%OFF。(\20160→\5040)といった内容が書いてあります。
これって、「大阪は金額で勝負!」ということなのでしょうか。






ランキングに参加中です。
ご賛同いただけたら、クリックお願いします。
↓  ↓  ↓  
blogram投票ボタン






スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/302-d0ffbad7

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。