南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  頭かくして… 

夏期講習終了時点の実力テストの採点が終了しました。
すでに、一部の学年・科目では、答案の返却をはじめています。

講習会の成果も見えるわけですが、一方では、まだまだ、答案作成に甘さが感じられる部分がありました。
本人は、必要な事柄・正解を書いているつもりでも、実は大切なことが抜けているということがあります。

例えば、記述式の解答。
文末表現「~から。」「~こと。」など、きちんと表現することに気をとられて、肝心の主語を書き忘れている。
必要事項は書いているのですから、OKをもらえそうなものですが、設定された字数を考えると、主語の有無が採点基準になる場合もあるのです。

あるいは、算数で、条件に合う状態が2回あるのに、そのうち、1回分しか求めていない。
「7時から8時の間で、時計の長針と短針の作る角が90度になるのは…」といった問題や、「水そうの深さが4cmになるのは…」といった、速さに関連した問題によくあります。
もっと、単純なところでは、「所持金の5分の3を使いました。残りは…」とあるのに、5分の3を求めて安心してしまうなど。

原因は、「安心感」です。
「できた!」「やった!」「終わった!」と感じる時こそ、危険です。

こういった間違いは、これまでにいくつか経験しているはず。
この機会に、どういったケースがあったか整理して、今後のための反省点をまとめてはどうでしょうか。





ランキングに参加中です。
blogram投票ボタン



スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/293-6c2750c1

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。