南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  女子中学校の改革 相次ぐ 

ここ数年間、女子中学校の苦戦が伝えられていました。
共学校の人気に押され気味状態が長く続いており、入試の難易度はもちろん、入学生の数も減らす学校も、

そういった状況を打開する意味もあって、新コースの設立や入試制度の変更が相次いで発表されています。

昨年は、四天王寺が医志コースを開設し、これまでの2コース制から3コース制へ変更しました。

現在、最も勢いのある女子校である帝塚山学院も、きっかけは、関学コースだけではなく、ヴェルジェ・コースの並立と充実が始まった頃から。
単なるレベルの違いというよりも、目的を明確にし、それに対応する内容を整備したコース設定が魅力となったようです。

さらに来年は、大谷で凜花コースが開設されますが、これで、大谷も、「個性的な3コースの鼎立制」になります。

同様に大阪女学院では、「国際特別入試」を実施。

これまでの帰国生入試を、より発展させ、「英語によるコミュニケーション能力の育成」「幅広い視野を獲得し、世界を共に創る(共創)担い手」となるような生徒さんを育てるコースとなるようです。
詳細は、8/16+17に実施される大阪私立学校展で配布されるパンフレットと、9月上旬の発表を待つ必要が有りますが、大谷の凜花コースとも似て、英語力+コミュニケーション力+プレゼンテーション力を伸ばすコースとなりそうです。


一次は、共学校にばかり注目が集まり、男子校・女子校が減っていきました。

しかし、最近は、状況が変わりつつあるようです。
これだけ共学校が多いということは、男子校・女子校というあり方は、立派な「個性」、あるいは「特長」です。
さらに、学校側がその内容に磨きをかけてきているわけですから、注目が集まるのも当然かも知れません。

注目校のどこもが、具体的で、明確なシステムを持っているということが鍵かもしれません。
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/2923-33370eed

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。