南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  「青むらさき色」は青むらさきか? 

理科の授業では、「『○○色』に変化する」という表現はよくでてきます。
しかし、実際にその変化を見て、その色に接する機会はなかなかありません。

例えば、ヨウ素液をでんぷんに反応させたときの「青むらさき色」ですが、紺色でも深い青色でも、濃い群青色でもよさそうなものです。
しかし、実際は「青むらさき色」に統一されています。
みんなと共通の認識をもつという点からも、もしかしたら、テストの採点の都合からも、統一された呼称が必要なのでしょう。


そこで、関連事項を検索してみました。

まず、面白かったのが、「ベネジクト液の反応後の色」についてのYahoo知恵袋への質問。

    「教科書には赤褐色になるとあったのに、実際はオレンジ色になった。???」

確かに、オレンジ色だと思うのですが…。
変化後の色については、以前も紹介した「りかちゃんのサブノート」内の指示薬についてまとめたページが詳しい。
ここでも、オレンジ色と読んで差し支えのないような色で表現されています。

   》》》りかちゃんのサブノート   》》》指示薬について


さて、先ほどの質問に対してのベストアンサーですが、なかなかすばらしい(?)。
というか…、強引?

詳しくは、以下のリンクからどうぞ。

   》》》Yahoo知恵袋
    ベネジクト液を使って糖の検出をしたときに加熱するとオレンジ色になりました。



こういったことがおこるのは、やはり主観の問題。
そこで、まず、変化の様子について、きちんと知っておくことが必要でしょう。
そして、それをふまえて、統一された色の呼び方を知っておくべきです。

そういった映像(静止画・動画)については、以下のページが詳しい。
独立行政法人の情報処理推進機構のHPにある、教育用画像素材集です。

以下がリンクですが、リンクしているページの最下段に「教育用画像素材集入り口」があります。
そこから入り、利用規約に同意後、見ることが可能になります。
といっても、あまり敷居は高くないので、ご安心を。

   》》》独立行政法人 情報処理推進機構「教育用画像素材集」 サイトトップ

こちらは、理科以外にも豊富なコンテンツが有ります。
ぜひ、参考にしてください。





スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/2892-de159ebb

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。