南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  大阪女学院:入試概要を発表 …でも、日程は… 

大阪女学院が、来春の入試について、概要を発表しました。
テストの方式は、例年通りで、前期+後期の2回の入試機会を設定。
また、前期入試では、専願扱いのA方式と併願扱いのB方式のどちらかで出願することになります。
つまり、基本的な部分では今春と同じなわけです。

なお、大阪女学院のA方式とB方式の違いですが、厳密に「専願」「併願」に分けられているものではありません。
しかし、合格後の手続きの流れをみるとそうなっているのです。
今春の場合は、以下のようになっていました。

   まず、B方式(併願扱い)の流れ
      1/18 … テスト
      1/19 … 発表
      1/22 … 説明+手続き
      1/24 … 説明+オリエンテーション
   
   こういった流れだと、合格判明後に他校を受験し、手続きをする余裕があります。
   
   
   次にA方式(専願扱い)の流れ
      1/18 … テスト
      1/19 … 発表+合格者面接
      1/20 … 説明+手続き
      1/24 … 説明+オリエンテーション
      
   如何でしょうか。
   1/18のテストはもちろんですが、1/19の合格者面接のときにも、1/20の説明+手続
   きのときにも生徒さんが参加していないといけないわけです。
   これでは、他の学校を受験するのは難しくなります。

このように、他の学校との併願を困難にすることで、実質上の専願とするのがA方式なのです。

すると、A方式がきちんと成立するためには、他校の動向が知りたいところ。
それは、専願・併願の別だけではなくて、できるだけたくさんの生徒さんに参加していただける環境を作るということでも大切なポイントです。

まず、入試日程が長い教育大の動きが注目されるところですが、すでに附属天王寺は日程を発表しています。(参考:7/6エントリー
例年なら、仮という形でも発表してもよいかもしれません。
しかし、来春、関西大学第一中学校が、学科試験+面接という形で実質的な2日間入試を実施します。
関一の2日目に初日を迎える大阪女学院としては、大きな影響を受けます。
また、阪神なんば線の開通があったものの、兵庫・神戸方面からの受験者も減少傾向。
そうたいった様々な要因を検討したいということのようです。



   》》》大阪女学院
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/271-7e160f69

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。