南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  今から心がけたい「正確性」と「丁寧さ」 

まず、見ていただきたいのが、次の内容。

 ■国語==============================================
   漢字は「トメ」「ハネ」「ハライ」をしっかりと採点しますので、一画一画丁寧に。

 ■算数==============================================
   計算練習を積み、正確な線分図や図形を書く練習を。

 ■社会==============================================
   教科書や地図帳に出てくる基本的な用語・地名・人名は漢字で正確に書けるように。

 ■理科==============================================
   自然現象のポイントとなる知識の理解と、問題をしっかり読み、考える力を。


これは、上宮中学校の来年度受験に向けてのアドバイスの一部です。

見ていただいてわかるように、国算社の3教科で「丁寧さ」「正確さ」を求めています。


ところがこのふたつは、一朝一夕では身につきません。
「漢字を知っている」のと、「その漢字を書ける」のは違います。
それ以上に、単に「漢字を書ける」という力と、テストの場面で「漢字を丁寧に書く」「漢字を正確に書く」という力は違うのです。

よくテストに臨むとき「平常心で」ということが言われます。
これは、「平常」からしっかりしている人に対していう言葉。
普段から、漢字を「丁寧」「正確」に書いておかなければ、テストの場面でも何ら発揮するものがないということになってしまいます。

まもなく夏休み。
夏休みが「天王山」といわれるのも、こういった腰をすえて取り組むほうが良いことにも挑戦できるから。
いっそのこと、今日から、それを意識しましょう。


ただ、「何が何でも」「いつでも」となると、少々、窮屈かもしれません。
例えば、漢字を覚える時など、正確な漢字の形を意識しながら、書きなぐることが必要かもしれませんし、社会の知識暗記でもそうです。
ずばずば書いていくという作業も、一方では大切ですから、バランスも考えながらのほうがいいでしょう。
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/270-b9fb295e

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。