FC2ブログ

南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  新たな流れとなるか?「単コース入試」 

先日お知らせした初芝富田林の「中期医進入試」。
これまでの1次+2次に加え、「中期」を設定し、入試機会を増やす。
さらに、募集コースを絞って、ねらいを明確にする。
募集する側の意図がはっきり感じられるだけに、受験生も受験するかどうかを、しっかり判断する必要があるようです。

こういった、ひとつのコースだけにしぼった「単コース入試」ですが、昨年の帝塚山学院泉ヶ丘のM入試が代表的。
来春は清風も同様の入試を模索しているらしいとの情報があり、新しい入試の流れになるかもしれません。

こういった入試では、どのような生徒を募集したいのかという学校側の「ねらい」が明確になりますので、入試問題も、そのねらいに沿ったものを作成することになります。
その問題を分析すれば、当然、そのコースのレベルや目的が明確になりますので、受験生も対策が立てやすくなります。
同時に、傾向・レベルなどを分析した結果、回避するほうが良いケースもあるわけですが。

実は、こういった入試は、大谷の医進コースがすでにおこなっています。
大谷の医進は、他のコースと同じ日に入試を行いますが、3教科入試です。
医進コース希望者だけが受験する理科は、思考力を見るような難しい問題もあり、「医進希望者はこういったレベルの学力が必要」という目安を明確に示しています。


一方で、こういった入試の方法をとると、レベルを絞った上に、併願者がたくさん受験するでしょうから、倍率・レベルともに難化すると思われます。
すると、それを嫌う専願希望の生徒さんは、1次で受験することになり、1次の専願化がますます進むのではないでしょうか。
その結果、同じ医進コースでも、1次試験での合格者と中期試験での合格者では、学力の差が目立ってくるかもしれません。
現在でも、1次・2次の合格者の学力格差を問題にする先生があります。
2次での合格者数が少ないから、それほど大きな問題になっていないようですが、中期入試で、ある程度のボリュームで合格者→入学者を出した場合、無視できない差になるかもしれません。

そう考えると、この入試形態は、最終的に第何日目は○○コース、第何日目は□□コースを募集するというように変わってくるのが必然のように思いますが…。
実際は、生徒数の確保が主な目的ですから、そうはならないでしょうが。



しかし、様々な学校が、このような入試を用意してくると、つまるところ、「いつ、その入試を行うか」という入試日程が最大のカギになります。
各中学校を悩ませる、日程の問題がまた出てくるわけで、真のメリットはなんだろうと思うのですが…。








スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/2673-0580dbd7

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。