南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  来年度に向けて新コース編成!:帝塚山学院 

先日もお知らせしましたが、帝塚山学院は、来年度入試から、「関学コース」+「ヴェルジェコース」の2コース体制での募集をおこないます。
関学コースは、従来どおり6年間一貫で関学を目指すコース。
新しいヴェルジェコースは医歯薬と総合進学の両コースをまとめたというだけではなく、さらに考え抜かれた内容になっています。

コースの概要をお知らせする前に、もうひとつ注目しておきたいのが、帝塚山学院の「基礎」」「基本」を大切にする姿勢です。
これは学習に関することだけではなく、今後、社会に巣立つ女性を育ているという理念からも、生徒さんを指導する様々な場面で大切にされているようです。

そういった視点からヴェルジェコースは、中学校時代の3年間をかけ、学習はもちろん、生活の面においても基礎・基本を身につける期間として考えられています。
そして高校進学時は、ヴェルジェコースを細分化し、理系専攻・文系専攻、また、芸術等の各コースへ細分化。
中学校3年間で身についた経験・知識を大きく伸ばせるようになっています。
それぞれのコースは、これまでのコース編成に基づいており、今まで学院が培ってきた指導ノウハウを充分に生かしたものになっています。

募集要項の概要は以下のとおり。
--------------------------------------------------------------------------------
 ■平成22年度 帝塚山学院 入試概要
--------------------------------------------------------------------------------
    1次入試
      募集人員 関学コース 約50名 ヴェルジェコース 約90名
               (上記は外部のみ。内部進学者含まず)
      入試科目 関学…4科  ヴェルジェ…4科or2科

    2次入試
      募集人員 関学・ヴェルジェとも若干名
      入試科目 関学・ヴェルジェとも4科or2科

    ★転コース合格について
      関学 ⇒ ヴェルジェ …転コース希望出願あり
      ヴェルジェ ⇒ 関学 …転コース希望出願なし
--------------------------------------------------------------------------------

気になるレベルのほうですが、ここ3年間で、1次入試への集中傾向が強まっている上に、合格者の平均偏差値も上昇しています。
学院から発表されたデータでは、夏以降の五ッ木・駸々堂の入試合格者平均偏差値で、例えば1次関学コースの場合、約4ポイント上昇しています。
しかも、合格者・不合格者ともに19年度入試よりも上昇しており、受験生全体のレベルが上がっているのがはっきりわかります。
また、2次試験での総合進学も同様に4ポイント上昇。
こちらも、「底上げ」が見られ、ある程度の実力を持った方でないと受験していないようです。

学院の魅力が増すと同時に、レベルも上昇傾向ということになれば、帝塚山学院を第1進学希望に考えている生徒さんにとっては、不安が増すかもしれません。
出来るだけ合格の可能性を探るために、ぜひ、プレテストを活用してください。
帝塚山学院のプレテストは、実際の入試や五ッ木・駸々堂とも相関がしっかりしており、しかも、昨年は約450名の受験者を集めました。
女子校の中ではかなりの規模を誇っています。

帝塚山学院以外を受験希望としている生徒さんにとっても、充分に活用できるだけの資料が返却されるところも魅力です。
今年は、第1回を10月17日土曜日に実施し、個別分析を11月7日土曜日に開催するそうです。
さらに、今年初めて第2回プレテストを12月6日日曜日に実施されますが、会場は関西学院大学。
西宮北口からシャトルバスを運行し、テスト終了後はキャンパス内の見学も出来るとのこと。
こちらも詳細が判明しだいお知らせします。

これ以外にも、ご報告したいことはたくさんありますが、帝塚山学院が様々な面で「具体的な動き」をしていることが実感されます。
もちろん、学校選びの時に、すべての人にお勧めできる学校などないのですが、学院の改革の方向はもちろん、「今」どのように変化しているのかを知ることも、学校選択の資料としては大変重要だと思います。
第1回の学校説明会は9月5日土曜日に予定されていますが、興味のある方はぜひ参加され、学院の「今」の変化を感じてください。
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/244-b3c7d8ad

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。