南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  速報!「大学連携+S特進」→「S特進Ⅰ類+Ⅱ類」へ!  清教の入試改革情報 

来春の中学入試へ向けての情報公開が加速する中で、清教学園から、大きなニュースが入ってきました。

第1点目は、これまでの「大学連携」+「S特進」の2本立てだったコース編成を、「S特進コースⅠ類」+「S特進コースⅡ類」へ変更。

さらに、募集定員が現行200名から、6クラス募集の240名に増員されます。

最後に、入試判定の方法です。
受験生は4教科受験が必須ですが、判定の際に、4教科の単純合計300点と、算国理の3教科合計250点の1.2倍を比較し、高得点を本人得点とします。
清風南海が実施しているのと同様の方法で、実質的に3教科で学習してきた生徒さんを受け入れることになります。


上記以外にも、行事予定なども発表になっています。
今日中に、エントリーをする予定です。




スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

入試改革をする前に教育プログラムをきちんとしてほしいです!

S特進1期生の母です。
受験の時には、こちらのサイトにずいぶんお世話になりました。今も、拝見させていただいています。
今年中3になります。清教に行って、子供はクラブも勉強も頑張って、楽しく行ってます。
ただ、たった3年で大学連携クラスをなくすのはどうかと思います。前の理系・文系とどう違うのでしょうか?今後、どうして行きたいのか、保護者への説明はありません。
清風南海方式にして学力の高い子供を入学させたいのであれば、入学者のレベルだけ上げても、入ってからの教育プログラムをきっちりしていただいてないと意味がありません。
先生一人一人は熱心なのに、プログラムがしっかりしていないのが、残念です。たとえば、中1の時には難関大学にむけての特別授業があったのに、中2では何の説明もなく行われていません。
清教の英語教育はいいと思っていかせました。確かに発音も教え方も素晴らしい先生はいます(残念ながら今年は高校クラスの担当)が、個々の先生によって教え方や発音の差が大きく、失望しています。
生物はかなり特殊で、理科の先生が生物が専門分野なのか大学レベルかと思うほどやたら深いところまで勉強し、生物マニアみたいな子は喜んでいるようですが、うちの子は他の理科の科目は好きなのですが、普通の参考書を見ても載っていない内容ばかりの授業なので、生物だけは興味を失っています。(1つ下の学年は先生が違うのでノーマルのようです)
S特進1期生は、清風南海に合格したのに清教に期待して入学した子が結構いてレベルが高いので、鍛えれば鍛えるほど伸びると思うのですが…。
受験生の母でもないのにコメントしていいか迷いましたが、こちらのサイトをみている清教の先生もいらっしゃるようなので、思い切って書いてみました。

2009/04/10(金) |URL|S特進1期生の母 [edit]

具体的なご返答はできませんが…

S特進1期生の母様 コメントありがとうございます。
当Blogを参考にしていただいているということでありがとうございます。
また、詳しい内容のコメントをいただき感謝しております。
まず、しっかりとご報告しなければならないのは、「次回の入試から、大学連携コースの募集をなくした」ということで、内部的に「連携コースをなくした」ということではないということです。
この点については、学校の先生にも確認をしております。
つまり、入試システムの変更であって、教育システムの変更ではないということです。
しかし、一方で、学校も、生徒さんをきちんと伸ばすためには、「毎年毎年同じ方法ではだめだ」ということをわかっていると思います。
ここから先は、学校によって違いがあるのですが、持ち上がり制の学年団の中で、指導方法を工夫しながら向上を目指す学校もあれば、学校全体で先生のシフトなり指導方針を模索しながら進めていく学校もあるわけです。
やはり「教育」とは、「農業」のようなところがあり、天候によって、あるいは土の状態・種の状態によって、臨機応変に対応することが求められます。
当然、清教でも、そういった対応をされているものと思います。
ただ、そういった変更に、ぴったりとはまる方もありますが、一方では、どうもしっくりこないといったこともおこりうるわけで、実は、そういった「幅」に対応できる力の大きさが、私学の力量のひとつだと思います。
S特進1期生の母様、
清教が、ここまで多くの方に支持され、伸びてきた背景には、そういった「力」があるからだと思います。
まず、学校の先生に、きちんと相談され、思いをぶつけられてはいかがでしょうか。
「教育」という作業は、最終的には「個」への対応に尽きます。
お子さんの状態をきちんとご覧になって、普段から感じておられるお母様のお考えを伝えられれば、きちんと対応していただける学校ではないでしょうか。
たいへんに申し訳ありませんが、お母様のコメントに、直接的な答えはできかねます。
しかし、上記のような点を参考にしていただき、お子様が、価値ある学園生活をおくれますように、お考えください。
これからの4年間を、有意義に過ごされるように祈っております。

2009/04/10(金) |URL|南十字☆ [edit]

さっそく、コメントをいただきありがとうございます。
南十字先生のおっしゃるとおりです。
学校の先生に直接言ってみます。
こんなところに書き込んですみませんでした。
他の受験生にも申し訳ありません。
これをみて、清教の受験を諦める方がいてはいけないので、子供は楽しく行っているということだけは、強調しておきます。
もし、よければ削除してください。

2009/04/13(月) |URL|S特進1期生の母 [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/205-2000aeda

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。