南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  女子校の魅力って? 

今年の中学入試も集結し、ほとんどの進学塾では、新年度授業が開始されていることだと思います。
今年度入試の終了は、そのまま来年度入試へのスタートといった感じで、すでに、来春以降の入試を見通した指導が始まっているわけです。

その時に参考になるのが、今春の入試結果ということになるのですが、今年も、いろいろと状況が変化しました。

特に気になるのが、女子校への応募者の減少です。


共学人気という表現がありますが、それはそのまま「単学(男子校・女子校)不人気」ということでもあるわけで、特に女子校の応募者減が目立っています。

航路開拓舎の近隣の中学校では、帝塚山学院だけが例外。
関西学院大学への連携に加え、生徒さんたちの個性を引き出しながら個々の能力を高めるヴェルジェ・コース内に、特定大学への進学にこだわらない「ヴェルジェ・プロジェクト」というコース内コースを設け、指導の内容を明確にしている点が評価されているのだと思います。
もちろん学校側の説明もわかりやすく、幅広い保護者の方に、その魅力を伝えられたという点も、受験生増の一因。

しかし、その他の学校は、どうしてもその「個性」が打ち出せないでいるようです。


一方、選ぶ立場である生徒さんや保護者の方も、もしかしたら、具体的な理由をきちんと見出さずに、なんとなく共学というケースもあるかもしれません。
単学であることの魅力やメリットは何でしょうか。

様々あるメリットのうち、意外と語られないのは、「学習に対する効果」です。

まず、男子と女子では、様々に成長のスピードが違います。
中学校の前半の時期は、あきらかに女子が優位。
体力的にも、言語能力にしても、男子は圧倒されています。

しかし、高校の後半になるにしたがって、逆転現象が見られる。
特に理系の科目については、男子がグングンと追いついてくるのです。

そういった成長のタイミングに違いがある生徒さんたちを混合することなく指導できるのは、ひとつのメリットです。

で、正直に告白すると、私もこの点については、あまり注目していませんでしたが、先日、ある女子校の先生からそういったお話があり、気づかせていただいた次第です。



関東圏には多くの女子中学校があります。
また、そのトップランクである、桜蔭や女子学院などは、高校での募集はせず、中学受験のみで生徒を確保し、伸ばしている。
もちろん、長い伝統やそれぞれの学校を支えようという生徒さんや学校の皆さんの努力もあるわけですが、女子単学であるからこそ…といったメリットも必ずあるはずです。



スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/2042-8c0492b4

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。