南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  2次試験以降難化の可能性 

上位の男子校の出願状況が確定。

各校とも昨年よりも出願者が増えています。



以下が、現在の状況を昨年・一昨年と比較したもの。






































































学校名 試験 定員 志願者 昨年比 一昨年比 倍率 昨年:応募/倍率 一昨年:応募/倍率
大阪星光 1月14日 約190 728名 +52 +24 3.8倍 676名 3.6倍 704名 3.7倍
東大寺 1月16日 約176 992名 +166 +191 5.6倍 826名 4.7倍 801名 4.6倍
1月14+15日 約180 616名 +52 +103 3.4倍 564名 3.1倍 513名 2.9倍
西大和 1月15日午後 約220 1343名 +419 +442 8.2倍 924名 8.1倍 901名 8.3倍

さて、各校ともきびしい状況ですが、上の各校がこういった状態であると、2次以降が難化する可能性があります。





志願者が増えということは、それだけ多くの不合格者数が出るということです。

当然、そういった方たちも、2次以降を受験するわけですが、2次の受験者が昨年よりも増え、レベルも上がることが予想されます。



おそらく、男子校だけではなく、その影響は共学校にもおよぶでしょう。

慎重に考えていきたいところです。

スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/2037-a71807dc

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。