南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  白紙の意味するものは… 浪速:関大コース保護者会報告 

前エントリーに続いて、浪速中学校の件ですが、毎日jpによると「大阪・浪速中の入試虚偽説明:発言は言い過ぎ 校長が陳謝」との記事。(毎日新聞 2011年10月26日 東京夕刊)

以下、概要です。
--------------------------------------------------------------------------------
大阪・浪速中の入試虚偽説明:発言は言い過ぎ 校長が陳謝
--------------------------------------------------------------------------------
浪速中学校の木村校長が、関西大への推薦入学を巡る問題で、保護者向けに説明会を開催。
関係者によると、校長は発言に対して陳謝。
保護者からは「裏切られた」などの声が上がった。

関係者によると、校長が
 「推薦について関大と現在協議中で、入れないわけではない。
  40人くらいは行けるはず」などと説明。
2年生の父親は「裏切られた。推薦枠がないなら、なぜ『関大』と名乗るのか」と憤慨。
毎日新聞 2011年10月26日 東京夕刊
--------------------------------------------------------------------------------

一方、学校側もHPで、その説明会について、報告されています。
毎日新聞報道記事に関する緊急関大コース保護者集会の報告」(pdf)

その中に掲載された質疑応答をそのまま引用します。
--------------------------------------------------------------------------------
3.質疑応答
 ・1年生保護者男性:何故、毎日新聞が今回の記事内容を掲載したのか、学校と
  して知りうる限りのことをお話していただきたい。また学校として法的手段
  に訴えることを考えてはいないのか。
 ・1年生保護者女性:関大に直接連絡をとりました。入試広報課の方が対応さ
  れました。新聞記事には推薦枠が無いとありますが広報の方は否定なされま
  した。その内容は校長先生のお話と一致しています。
--------------------------------------------------------------------------------

最初の発言には、「学校として法的手段」をとらないのかとあります。
また、次の発言には関大入試広報課の対応内容は校長の説明と一致しているという内容。
先の毎日新聞の内容とは違った印象です。

質疑応答とされるの上記の2点だけです。


実は、このpdfファイルですが、2ページあり、2ページ目は全くの白紙でした。
どういった理由で白紙がアップされているのかわかりませんが、実は、その「白紙」の部分をきちんと知りたいわけです。

校長の木村先生は、「校長の視点・論点」というBlogをずっと続けておられる。
このBlogは、いろいろと形を変えながらですが、かなりの長きにわたって続けてこられたものです。
毎回の文章量もかなりのもので、校長としての業務をこなしながらこれだけの量を書けるというのは驚きでした。

そのBlogも、「外的要因による身辺騒乱に対応する為」当分、休筆されるとのこと。
23年10月27日(木)ブログ休筆宣言

学校の対応としては、先のpdfのように、このまま「白紙」というわけにはいかないと思います。
すぐに、保護者の方に対応されたように、今後の受験生に向けても、しっかりした情報公開をお願いしたい。
在校生の方たち、また、その保護者の方に対応することも必要だと思いますが、これまで浪速中学校を、ひいては関大を目標としてきた受験生の皆さんへも、早急の対応をお願いしたいところです。




スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/2022-9be096e7

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。