南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  こんな学校「見学」はいかがですか? 

まもなく10月。
残暑厳しく…、と思っていましたが、また台風が接近しています。
和歌山・奈良など、前回の台風の影響を受けた地域が心配されるところですね。

さて、10月に入ると、「説明会」「プレテスト」「体験学習」など、学校の様子を見る機会が増えます。
特に、体験学習は、その学校の先生から直接、授業をうけられるわけで、学校の雰囲気がよくわかるイベントになります。
最近は、学年も関係なく、小6はもちろん、小学校4年生ぐらいから参加できるものもたくさんあります。

私たちも、全国統一小学生テストなど、一般の方を対象にしたイベントを実施しています。
初めて来られる方に対しては、迎える私たちも、少々、緊張してしまいます。
体験学習になると、また、違って、子供さんと打ち解けるのは早いのですが…。
どうしても「よそいき」の雰囲気になってしまうのですね。

それは、私立の先生も同じはず。
受験していただく生徒さんや保護者の方が来られると思うと、いつもと違って当たり前です。


では「普段の雰囲気」を見ることはできないのでしょうか。

例えば、前記のイベントを実施していない普段の日に、学校見学を申し込む方法があります。
すべての学校ではありませんが、事前に連絡をすれば、対応していただける場合もあります。

また、早起きをして、生徒さんと一緒に登校してみるという方法もあります。
学校の中を見ることはできませんが、生徒さんの雰囲気は非常によくつかめるでしょう。

朝の登校風景には、学校の特色がよく出ています。

私も講習会の時など、沿線の学校の生徒さんと一緒になることがありますが、運動部の生徒さんを見ていると、上下関係をしっかり指導されているなと思うときもありますし、おそらく、朝テストの準備でしょう、数人の生徒さんが並んで座っているものの、互いにだまって暗記している姿などもあります。
中には、あわてて宿題をしている生徒さんもあったりするわけですが…。

共通するのは、今から学校に向かうという気持ちの生徒さんの姿が見れるということ。
下校の姿は、よく見かけられると思いますが、こちらは学校から解放され、自宅に向かう姿ですから、緊張感はありません。
登校風景とは対照的です。

この方法のいいところは、入試の朝の予行演習にもなるというところです。
朝の電車の込み具合や接続の関係も確かめられるわけです。

学校選びは「生活場所」を選ぶという側面もあるわけで、大きなヒントをつかめるかもしれません。

スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/2013-376e8c10

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。