南大阪 中学受験地図

堺市北野田にある航路開拓舎の日常と、南大阪を中心に中学受験の状況と、それに関する気になる話題を取り上げます。

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  合格可能性を高めるものは… 

いよいよ12月に入りました。
主要な模試は終了しましたし、受験パターンもほぼ決まった状態ではないでしょうか。
これからは、自分の受験する学校にしぼった勉強をきちんとすることが求められます。

中学受験の大きな特徴は、本番での逆転が可能だということ。
模擬試験の結果が思わしくなくても、最終的に栄冠をつかむ受験生が必ずいるのです。
そういった「下克上」を達成するためには、どういった勉強が必要なのでしょう?

実は、ポイントは「勉強法」だけではありません。
この時期になると、受験生の勉強方法にそんなに大きな差があるわけではない。
やらないといけないことがだんだんとしぼられてきますし、やり方についても洗練されてきます。

過去に指導させていただいた生徒さんで、そういった成功をつかんでいる方には、次のような共通点があるように思います。

--------------------
》受験校が「入学したい学校」であること
--------------------
当たり前のことかもしれません。
でも、「合格」したい学校ではなく、「入学」したい学校であることは大切なこと。
入試で合格をつかむだけでなく、その後、その学校でどのような生活があり、どんなことをしたいのか、はっきりとではなくとも、心の中に思い描いているのです。

--------------------
》家族の後押しがあること
--------------------
実はこれが以外に難しい。
もちろん、子供の成功を願わない親はいないわけです。
でも、親が自分の心配をコントロールして、落ち着いて(落ち着いているように見せて)子供に接するのは大変です。
でも、家族・家庭を「安心」の場にして、しっかり支えるのは基本中の基本です。

--------------------
》自分の弱点や失敗に向き合えること
--------------------
どれだけ勉強しても、完全・完璧にはなりません。
でも、それを目指すのが大切。
自分の間違いや弱点から目をそらして、「慣れたこと」「出来ること」「安心して解ける問題」だけに取り組んでも、何の効果もありません。
一時の気休めにはなるのでしょうが、当然、力は伸びない。
入試の朝まで、今日の実力のままで過ごすのですか?

--------------------
》能率と効果を考えた勉強をしていること
--------------------
先ほどの話題にも関係しますが、知っていること・覚えていることをやり直してもプラスにはなりません。
同様に、出題されない「レベル」「問題形式」「単元」を学習するのは能率が悪いどころかマイナスです。
過去問の研究が大切なのはそこに理由があるわけで、詩・短歌・俳句を出題したことがない学校なのに、そういった勉強はしないほうがいい。
(もちろん、出題可能性がゼロではありません。でも、必ず出ることに注目するほうがいいのでは?)


受験生の中には、「入試まであと○○日」と意識している方があります。
日にちを数えるだけではなんの効果もない。
その残された日数で何をするかが大切なわけです。
これまでに学んできたこと、身につけてきたことに自信を持って、さらにそれに磨きをかけて、ぜひ、頑張り続けてください。


スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://southerncross1960.blog87.fc2.com/tb.php/1924-bb05bee5

back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。